2017-01-22(Sun)

受験先の観察方法

前回のブログで「受験先の空気を知ることも重要な面接対策」について書きましたが
どの様にすれば良いのか、もっと具体的に知りたい
という声があったので追加します。

確かにただボーっと見ているだけでは印象に残らないと思います。
地方公務員志望の場合は
①特徴的な街並みを回って、その自治体が様々な顔を持っている様子
②商店街の様子
③商店街で買い物をしている人、公園や公共施設を利用している人
などを観察
してみると
受験先の雰囲気が伝わってきます。
そこに住んでいる人達と話をしてみることも良いと思います。
いきなり話しかけても怪しまれるといけないので
「受験しようと考えているのですが、
普段気になっていることがあれば教えてください。」
みたいなことで話をすれば
怪しまれないで済みます。
しっかりとアンケートをとって面接対策に使った人もいました。
そして重要なことは
④職員として取り組みたい仕事をイメージして
まちを観察する
ことです。
必要であれば、関連する施設ものぞいてみましょう!

合格者の中には
政令市の区を全て自転車で回り
それぞれの区役所でイメージが違った印象を話し
面接官の共感を得ることができたと喜んでいた人もいました。

国家公務員志望の場合は
希望する職場を予め見ておくことが役に立つと思います。
例えば、国税専門官に興味のある人であれば
これからの時期
税務署での確定申告の様子を見てみることも
参考になるはずです。

こうしなければならないと言った決まったやり方はありませんが
皆さんも時間を見つけて
体験してください。



Amazon公務員部門第1位獲得講座
最終面接試験官が添削する
絶対合格ワークシート講座




==============================
Amazon公務員試験書籍ランキング第1位
★独学者絶賛の超人気講座を特別受講料で★

==============================



【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア