2014-04-29(Tue)

こんな公務員・管理職がいてもいいでしょ

私が管理職になったのは多摩市に入庁して11年目の33歳の時でした。

多摩市では当時から試験制度でしたから
やる気さえあれば若手登用もあったのです。

最初の仕事は「防災担当副参事」でした。
今でこそ「防災対策」はどの自治体でも充実していますが
当時(1984年/昭和59年)は各自治体が策定する「地域防災計画」と言っても
台風などの風水害が中心で
地震対策については国の考え方をブレイクダウンしたもので
どの自治体も似たり寄ったりの内容でした。


着任して「地域防災計画」を読み込んだけれど、
非常時に職員全員が災害対策にあたる計画で

土日や夜間に災害が発生した時にはどのように行動できるのか?
災害発生時には通常の役所業務を一切しなくて良いのか?
関係機関との連携は本当に上手く機能するのか?


疑問に思いました。

しかし
本気で実効性のある計画に改定するには
庁内の管理職全員の納得都協力がなければできません!
警察消防だけではなく
電気・ガス・通信事業者、鉄道事業者、医師会、歯科医師会、薬剤師会
などなど様々な機関の応援を求まなければならない

担当者としてはまったく自信を持てない内容でした。

でも、担当課長として何とかしなければ

それには多摩市の政策の中で「防災対策」を核に位置付ける必要がある!

そこで、無謀にもこんなことをしました。
これが良い例かどうかはわかりませんが
こんな公務員もいたということです。


当時の市長は2期目で意欲的に政策を実行している親分肌の人でした。
この市長に直接談判して「多摩市なりの防災対策を充実させよう」と考え
市長、担当部長の日程を確保してもらい
夜寿司屋で担当課長主催の懇親会開催・・・

そこで防災対策充実のために考えた
「田村プログラム」を説明させてもらいました。

その場で誕生したのが「多摩市防災元年構想」でした。
おかげさまで昭和62年を「多摩市防災元年」として
他自治体にはない災害対策の取り組みを進めることが出来ました。


その年の市長選挙も圧勝
その市長は5期務めあげ
多摩市の基盤づくりに絶大な成果を上げていただきました。

今から考えると、当時は無謀なことをしたなと思いますが
これも与えられた仕事を全うするうえで
必死に考えた作戦が見事成功したと自分では密かに思っています!
素晴らしい市長に出会えたとことに感謝しています!


さて
そんな私が実際に最終面接官として採用者を決めてきた
面接官の視点に立った面接対策が
田村一夫の 本気で受かる面接対策」です。
東京都、東京特別区の筆記試験直前ですが
面接対策に力を入れてください!




================================
★公務員試験必勝倶楽部の面接対策講座★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★4/29(火)23:59まで¥4,500 OFF
 前多摩市副市長・最終面接官 田村講師の『本気で受かる面接対策』
 http://hissho-club.com/movies/honki-mensetsu/
★吉井講師の『スーパー面接対策』 発売中
 http://hissho-club.com/movies/super-mensetsu/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
必勝倶楽部の面接対策は、究極の攻略法を考え抜いてつくられています。二人のカリスマ講師・吉井英二と田村一夫が最強タッグを組み、<理論構築>を吉井講師の『スーパー面接対策』で修得し、<実戦訓練>を田村講師の『本気で受かる面接対策』で確かなものにしていきます。必勝倶楽部は、これまでには考えられなかった最高の指導体制で、あなたの面接突破・最終合格を万全にサポートします。
================================
『最短1日で完成 ここが危ない 絶対の時事』
http://hissho-club.com/movies/jiji/
最後のひと押し応援価格¥4,200(税込・送料込)
★絶対落とせない時事ネタを厳選
★最短1日で完成!だから試験前日でも間に合う
★各テーマがサクッと頭に入る超シンプル解説
================================


2014-01-27(Mon)

公務員受験予備校の面接対策

私は37年間の市役所勤務を辞めて、しばらくは充電期間を楽しんでいました。
自分のやってきたことをもっと社会で活かせないかと考え
縁あって某公務員受験予備校で面接対策の仕事に関わらせていただくようになりました。

そこで一番驚いたことは
公務員受験予備校では公務員経験者自体がごく少数で
まして、職員採用に直接かかわった経験のある人は皆無状態!


いやぁこれでどのようにして面接対策をしているのだろうと
興味津々でした

講師の皆さんは合格者情報を聞き取り、その経験値から
「このようなこと聞かれる」
「対策はこうしなければダメ」
と教えていました。

その調査活動と経験値の集積には敬意を表します。

でもそれは
あくまでも「こうだろう」と考えての指導だと思いました。

実際の指導でも「それは違うだろ」と感ずる時も多く
実際に採用の是非を決めてきた私の経験値とは異なる指導でした。

必勝倶楽部では面接対策を田村メソッドで企画し提供しています。

私の必勝倶楽部での役割は
公務員志望の皆さんを面接評価で選ばれるようにすること
公務現場に使える職員を送り込むことです
皆さんと一緒に夢を実現したいと考えています!


この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。



★部室イベントのおしらせ★
2014年2月2日(日) 15:00〜17:00
<会場受講>または<LINE受講>が選べます。首都圏以外の方もぜひ<LINE受講>でお申込みください。
受講料無料・レジュメ配布・質問タイムあり

《申し込み方法》
抽選での限定受講となります。希望される方は、下記メールを送信してください。
【件名】に<会場受講>または<LINE受講>のいづれかを明記
【本文】に「氏名」「志望先」「受講されている必勝倶楽部の講座」を記入
info@hissho-club.com<必勝倶楽部事務局>
メール受付〆切●2014年2月1日(土) 13:00
メールをいただいた方の中から抽選で、当選者を確定し、2月1日(土)15:00までに「受講案内メール」を返信いたします。

★講義収録動画配信
「合格者座談会+田村講師ミニ講義」は収録し、公式サイト等で後日配信します。当日参加できない方も視聴できますので、しばらくお待ちください。

2013-12-16(Mon)

面接の結果で2億円の損害?

8日のブログで初めての面接官、そして副市長としての最終面接でプレッシャーを感じたことを書きました。
今回はもう少し詳しくプレッシャーの内容を明かしちゃいます!

役立つ人材を見極められなければ自治体にとっては2億円以上の損害になる!
「2億円も?」と思うかもしれませんが

2012年の総務省給与実態調査では地方公務員の平均月収は約41万円(手当も含む)でした。
この12か月分にいわゆるボーナスを加算すると平均年収は600万円を超えます。
23歳で職員になって定年退職の60歳まで勤務したとすれば、通算して
なんと2億円をオーバーするわけです。

その原資は住民からの税金を基本としている訳ですから見過ごすわけにはいかない。
一方で
公務員は一度採用したらよっぽどのことがない限り辞めさせることができない

つまり
最終面接で人物評価を間違えると、この2億円が活かされないことになってしまいます。

充分に人物を見極めて採用したつもりだけど、実際に仕事を始めたら

「こりゃ困ったな?」と思うケースも正直言ってあります
期待して採用したけれど、期待を裏切られてしまうこともあり
精神的に弱くて、ちょっとしたことで職場に来られなくなってしまう人もいます


もちろん、研修で鍛え直しますし、異動で職場を変るなどして
何とか頑張ってもらいたいと思うのですが
なかなか思うようにいかないのも実情です

だから面接官はプレッシャーで胃がキリキリしっぱなしです!

「直前期では間に合わない 受かる面接シート攻略術」

この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。





2013-03-31(Sun)

LECを辞めました

本年3月末(今日)でLEC専任講師を辞めさせていただきました。

多摩市副市長を退任し、充電期間後の2010年5月からお世話になり、大勢の受講生の皆さんと関わりを持つことができました。
大勢の講師の方々や社員の皆さんに教えてもらいながらの頼りないスタートだったと思います。

この業界は私のような公務員経験者がいっぱいいるのかと思ったら・・・
そうでもなく、特に最終面接を実際に行い、職員採用者の決定に携わった講師は皆無でした。
それでも受験生からの情報などを集約し面接対策を充実してきたのは凄いことだと思います。

でも、個人的に考えると微妙にずれているところもある???

そこで自分がなすべきことは何か?できることは何か?
悩んだ末に到達したことは

皆さんが志望先官公庁の面接試験を突破してもらう!
そして公務員として頑張ってもらう!
官公庁からも有能な人材が採用出来て喜ばれる!

そのために、
自分の経験を若い受講生の皆さんにお伝えすること、
皆さんの悩みを解消することと考えると、俄然やる気が湧いてきました。
遣り甲斐のある仕事に出会えた気持ちでいっぱい!

LECでは面接対策を中心に仕事をしました。

面接関連のテキスト作成や講義も担当し、
その他にも、実践の場としてのリアル面接シミュレーション、模擬集団討論などを通じて、本当に受講生の皆さんが面接に苦労していることも実感しました。

面接対策の総監修をしてきたこの3年間は、短い期間でしたが私にとっては貴重な体験でした。
特に付け焼刃の面接対策ではなく、もっとしっかりした面接指導をしたいと思いが日に日に強くなり、
もっとロングスパンの面接対策が必要と考え提案し実施できたのが
東京都、特別区、地方上級市役所のプレミアム面接対策ゼミでした。

受講生の頑張りもあり、97%を超える合格率を挙げることができ、
受講生のみんなと喜びを分かち合えたのは本当に嬉しかったです。

この度は家庭の都合で辞めさせていただくことになりましたが、

公務員志望の若者達に
公務員の姿をしっかりと理解してもらい、
公務員として働くことの素晴らしさをわかってもらい
夢を現実のものにしてもらう!
官公庁側からも有能と喜ばれる人材を送り込みたい。
公務員として住民と共に汗をかきながらまちづくりを進めてもらいたい。
こんな思いはますます強くなっています!

今自分で何ができるのかを考えています。
そして、また活動を始めたいと思っています。

引き続きこのブログで自分の思いを皆さんに伝えていきます。
友達にも紹介して、読んでください!
2013-03-19(Tue)

今日は私の誕生日

なんとなんと62回目の誕生日を迎えてしまいました!

22歳で多摩市に入庁した頃は、50歳オーバーの部長さん方が「オヤジ」に感じ
近寄りがたかったのですが
なんと自分はとっくにそれを越しているわけで

今、相談に来てくれる若い人達に「どんな風に観られているんだ」
と思うと背筋が冷たくなりますね???

もしかすると、若い人達のエネルギーを吸収しているから、
まだまだ前向きでいられるのかも知れません。
お~「これからもえげつなく吸収する!」…決めました!

私が大切にしている詩を皆さんに紹介します。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ」で始まるサミュエル・ウルマンの「青春の詩」です。

「年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。」
「歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。」
「希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる」


500文字程度の詩ですが

ドキッとさせたり、激励されたり

何とも心に響く、煌めく言葉で綴られています!

皆さんも一度は読んでみてください。

本当にそうだと思います

私も理想を失わないように・・・

今は「若い皆さんが公務員になるという夢、公務員として社会を支えようとする夢」
その夢を後押しすることが私の支えです!
これからも「ぐぁんばるぞ~ぉ」
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア