2013-11-29(Fri)

直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術その⑥

なぜ直前期では間に合わないのか?

なぜ受験前年の早い時期から面接対策に取り組んでもらいたいのか?


面接を不安に感じている人には大きく2つのパターンがあるようです。

1つは面接で極度に緊張してしまう人です。
このグループの人は
友達がなかなかできないとか普段から人との話が長続きしない。
あるいは対人恐怖症的な意識がどこかに潜んでいたりします。

これらのことに気付いている人は良いのですが、そのことに気付けない人が意外と多いようです。

でも少なくとも半年程度、対人関係を自分で意識して行動すれば欠点はいくらかでも克服することが可能です。
これは筆記試験合格発表後のわずかな時間では絶対に出来ません!


2つは自分自身の経験に自信を持てない人です。

例えば
大学に入るまで浪人を繰り返し、やっと入った大学でも何をしていいのかわからずに留年をしてしまっている。
大学に入ったのは良いけど燃え尽き症候群で中退してしまった。
大学には進学できなかった。
高校・大学の7年間で何かに熱中したことがない。
大学を卒業したけど、就職活動に失敗してフリーター生活をダラダラと続けている。
会社に入ってけど上手くいかずにすぐに辞めてしまい、その後も入退社を繰り返している。


このような経験の人からの相談が多いのが実情です。
所謂「訳あり」の人達の悩みは深いですね。

このグループの人達も短期間で自分の経験に自信が持てるようにはなりません!
早い時期から面接対策を進めることは、新たな経験を意識的にできます。
また、自分自身を見つめ直すことにより過去の自分を否定的に考えるだけでなく、肯定的に考え、自信を持てるようになります。


面接に不安を感じる人は一刻でも早く対策を講じてくれればいいのですが、
多くの人が、なんとなく面接対策を避けてしまい、筆記試験を通過できてから慌ててしまう。
そして、上辺だけの面接対策で本番を迎えてしまう。
これでは折角のチャンスを自ら捨ててしまっているのも同様です。

「直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術」は

自分自身を見つめ直し、自信を持って「本音の自分を本番面接で語る」ことができるようにと
多くの受験予備校では面接なんて意識していない時期ですが既にスタートさせています。

面接対策に少しでも不安のある人は、筆記試験対策が大切だからと逃げないで、
自分自身に自信を持って本音で面接官にストロングポイントをアピールできるように、早い時期からの対策をお勧めします!

この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。




2013-11-25(Mon)

直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術その⑤

今回の面接対策講座では、添削・相談を当初、来年の3月末までとしていました。
この講座のポイントである「自己PR」「志望理由の骨格」を構築するにはその期間があれば十分に指導できると考えたうえでの期間設定でした。

しかし、数名の受講生から「実際の面接シートを見てもらいたい」「もっと相談期間が長い方が安心できる」と言う声をいただきました。

この講座は個別指導方式ですので、正直言って田村的には厳しいのですが
皆さんの不安を少しでも解消し、万全の態勢で本番面接に臨んでいただくために、
添削・相談期限を来年の8月までに延期しました。
より充実した添削・相談ができると思います。

この期間延長を有効に活用してください!
他の面接指導で目一杯になるとは思いますが私も全力で対応します。

また、4月以降はより実践的な内容の講座も検討していますので、楽しみに待っていてください!

この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。




2013-11-23(Sat)

公務員試験でなぜ論文試験が課されているのか

必勝倶楽部で面接対策を担当している田村です。

私が市役所で職員採用を担当していた当時に、論文試験も採点をしていました。
また、副市長として最終面接をする際には該当する受験者の論文は必ず読んでいました。

論文の採点をしていて感じたことは
①読み易く納得できる論文にはなかなか巡り会えない
②評論するだけの論文が多い
③実際に公務員となって(当事者として)何をするつもりなのかわからない

このような印象で、その要因は
受験者の多くが書き慣れていない
面接と共に大切な論文対策ができていない

これでは合格は難しいと思います。
公務員試験で論文を行うのは、5肢択一の試験ではわからない人柄を見極める必要があるからです。
論文や面接試験は人柄がモロに出ます!


だからこそ、採点が大変な論文試験を辞められないのです。
これだけ公務員試験ではその人柄が重視されていることを認識してください。

では、具体的にはどのような論文対策をすればよいのか?
まず書くことです、書いて自分を表現することです!
次に与えられたテーマをしっかりと理解し整理して論旨をハッキリさせることです!
これが前提だと思います。

そのためには、これらのことを前提とした講座が必要になります。
市販の論文対策本では効率的に勉強できません。
吉井先生の「スーパー教養論文」は、取り上げているテーマもその内容も最高水準の講座です。

更に各テーマのポイントがビジュアル化されており、非常にインパクトがあります。
一度見たら忘れられない内容です。
これがあれば、論文試験も怖くない!!!

更に加えて丁寧な添削指導もあります。
論文も面接も自分一人では絶対に対応できません。
独りよがりの自己満足だけでは合格は勝ち取れません。

論文を苦手にしている人も、論文は大丈夫だと過信している人も
吉井先生が救いの手を差し伸べてくれています!


2013-11-20(Wed)

直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術その④

既に必勝倶楽部のFacebookページでご覧いただいた方も多いと思いますが、

先日リリースした私の面接対策講座

「直前期では間に合わない 受かる面接シート攻略術」

が日本最大級のダウンロードサイトの

「週間ダウンロード総合ランキング」で第5位
に入りました。

tamura5.jpg


2014年度の公務員試験が実施される半年も前のこの時期に、面接講座がこれだけ大勢の皆さんに注目していただけることは本当に嬉しいと思っています。

大手公務員受験予備校でもまだ本格的な面接講座はスタートしていないと思うのですが、この時期から面接対策に取り組む意味は非常に大きいのです。

2013年度の合格者の方からも「面接対策を早く始めたけれども、市販の面接対策本の模範解答例をなぞって作った自己PRや志望理由では役に立たなかった」と言う話も聞きました。

やはり、自分を徹底的に分析して自分にしかできないアピールをすることが本番面接では一番の武器になります。

それには時間がかかる、だから、この時期からの面接対策講座なのです。

面接対策をこの時期から始めてくれる皆さんは、それを理解してくれたのだと嬉しく思うとともに、
皆さんのやる気に刺激を受けています。


私も申し込んでいただいた皆さんの期待に応えるように精一杯頑張ります!

この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。



2013-11-17(Sun)

直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術その③

「直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術」講座で私がこだわったのが、個別指導をしたいという点です。
その理由は
実際に最終面接で合格者を決めてきた経験の中で、最終面接にまで来ているのに個性のある回答が少ないことに疑問を持っていました。
受験者の皆さんが、自己PRや志望理由で話すことがどれも同じような内容で
「何でもっと個性を出さないのか?」
「自分をアピールすることができないのかな?」

と云ったものです。

私は、その原因がいわゆる面接対策本や公務員受験予備校での指導であると考えています。
面接対策本で「このように話せば合格する」と書いてあれば、皆さんそれを真似する。
受験予備校で講師から「君たちはこう話しなさい」と言われれば、皆さんその通りに答える。
これでは本当のあなたの良さをアピールできません。
何故なら、皆さんの経験に裏打ちされていないことだからです。
面接で落ちなければ良いという指導と
面接で上位合格を目指してもらおうとする指導は
絶対に違うと考えています。

私は、受講者の皆さんに是非とも上位合格してもらいたいと思っているので個別指導によって皆さん一人ひとりの個性を大切にした「自己PR」「志望理由」を一緒に考えていきたいと思っています。
正直に言って個別指導は私にとってもプレッシャーのかかる方法です。
でも本番面接で面接官にあなたの個性を活かしたアピールできることが
「この人を自分の部下にして使ってみよう」と興味を持ってくれることになるはずです!

2014年公務員試験に向けた新企画の面接対策講座の「直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術」を使っていただき
私と一緒にオリジナルで誰にも真似のできない「自己PR」「志望理由」を発見しましょう!


この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。




2013-11-15(Fri)

直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術その②

今まで面接対策を担当してきて、多くの受験生の方とお会いしてきました。

受験者の皆さんの中には
大学を中退してしまった。
大学を卒業したけど何もしていない。
資格試験を受験していたけど難しいそうなので公務員受験に切り替えた。
民間就職したけれど短期間での離職を繰り返してしまっている。


このような深刻な悩みを抱えている人も多くいます。

確かに面接シートに書かなければならないこともあり、どのように考えたらよいのか?
悩むのは当然かもしれません。
これは簡単には解消できるものではないかもしれませんが
大切なことは、今のあなたが本当に公務員になりたいと心の底から思っているかどうかです!

何となく「公務員なら」と云った安易な気持ちではなく
本心から公務員になりたいと思っているなら、その悩みは乗り越えられるはずです。
公務員の面接試験は
過去のあなたが評価されるのではなく
過去のあなたの経験を踏まえて、将来のあなたを見極めることにポイントがあります!


2014年公務員試験に向けた新企画の面接対策講座の「直前期では間に合わない 受かる面接シート攻略術」は、大学生の方はもちろん、既卒や社会人経験のある方など、様々な事情・悩みを抱えている方にも使っていただける講座です。

私と一緒に悩みを解消していきましょう!


この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。



2013-11-13(Wed)

発売開始! 2014年度受験向け 公務員試験新企画の面接対策講座

お待たせしました!
「直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術」のお申込みを必勝倶楽部公式HPで開始しました。
なぜこの時期に面接対策に取り組んでもらいたいかについては、「田村一夫流公務員試験をブッ飛ばせ」で10月28日の投稿からシリーズで掲載してありますので参考にしてください。

2.jpg

今回は、この講座のポイントを紹介します。今までになかったメソッドです!

★筆記試験と並行しても負担にならない対策です。…やはり皆さんが筆記試験対策を心配していることは事実ですから、筆記試験の負担になるような対策では共倒れの 危険性もあります。でも週1日くらいは時間を作り出すことはできるはずです!

★ワークシート方式を採用した対策です。…面接対策と言っても何をしたらよいのかさっぱりわからない人も多いでしょう!「自己PR」をどうすれば良いのか?志望理由をどのように考えればよいのか?
そこで毎回ワークシートに書き込むことによって、システマチックに面接対策の基礎を自分のものにする。


★週1回のワークシート添削を12回繰り返すことで面接基礎対策を完成させます。…皆さんが書いたワークシートを私が添削することによって、面接の要になる「自己PR」と「志望理由の骨格」をこの時期に完成させてしまう。
それで、面接直前期には他の受験者を圧倒的にリードできます!


★完全な個別指導方式による対策です。…面接では模範答案はありません、あなた自身のオリジナルな答えがあなたの模範答案であり、それは他の人が使えないものです。
私も実際に最終面接官をして合否を決定してきた時の経験で「なぜ誰も同じようなことを言うのかな?」と疑問に思っていました。それは面接対策本や受験予備校での画一的な指導だからです。
本番面接で面接官に、あなたの個性を感じてもらうにはあなた自身のオリジナルな模範解答が必要です。メールでの質問に回数制限はありません!


それを完全な個別指導方式で私と一緒に構築しましょう!
本講座は完全にマンツーマンの個別指導です。
今までの既存予備校で出来なかった完全個別指導をWEB上で実施します。


面接対策が不安でならない、
昨年は筆記試験を突破したが面接試験で撃沈してしまった!

そのような人は是非受講してください。
皆さんの受講をお待ちしています!


この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。



面接対策に不安がある方はどんなことでも構いませんから相談してください!

☆☆☆☆☆
必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。



2013-11-11(Mon)

2014年公務員試験に向けて:面接対策を始める時期⑥

そうは言っても筆記試験も大変だし、面接は後回しになってしまう?
それではだめです!
今回リリースする面接対策講座は
「面接対策が不安だけど、関連するテキストも読んでいない」
「何から始めたらよいのか全くわからない」

そんな人でも着実に面接対策の基礎を身につけてもらえます。
本番面接で聞かれる最大のテーマは「自己PR」「志望理由」の2つ。
もちろん、過去の経験や、プレッシャーを感じたこと、公務員となって取組みたい仕事など、様々な内容のことを聞かれますが
一番肝心なのは「自己PR」と「志望理由」なのです!
この講座は、従来の市販面接対策本や公務員予備校の面接対策講座にはなかった新しいものです。
週1回ペースでワークシートに記入していただき、それを12回続けることで面接対策の基礎となる
「自己PR」
「志望理由の骨格」を完成させるものです。
この講座で、面接対策の基本の2点を構築することで、本番面接で他の受講者を圧倒的にリードしましょう!



面接対策に不安がある方はどんなことでも構いませんから相談してください!

☆☆☆☆☆
必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。


2013-11-08(Fri)

2014年公務員試験に向けて:面接対策を始める時期⑤

公務員試験では、筆記試験の成績だけではなく、面接試験が非常に重要視されており、配点も非常に高くなっています。
これは皆さん、頭の中では分かっていると思います。

しかし、残念なことに多くの方が実際に面接対策を始めるのは筆記試験が終わってから
あるいは、筆記試験の合格発表を待って、合格してからやっと始めているのが現状です。
しかし、これでは満足な面接対策ができません!
なぜか?

2013年の東京都Ⅰ類B試験で考えてみてください。
1次試験が5月5日、合格発表は6月7日で、2次試験の面接試験は6月21日から始まります。
合格発表後からではわずか2週間しかありません。
特別区でも同様で、6月19日の合格発表からですと面接が始まる7月8日まではたったの3週間もないわけです。
しかもその間に面接試験の対策だけに集中できるかというと、そうではないですよね。
東京都Ⅰ類A、国家一般職、国税専門官、労働基準監督官、地方上級などの筆記試験対策も並行して取り組んでいるのですから。
このような状況の中、2、3週間で、満足できる面接対策をすることは非常に困難です。これは誰でも冷静になって考えればわかることです。
だからこそ、面接直前になって慌ててパニックにならないように時間に余裕のある、今の時期から面接対策を始めてもらいたいのです。
採用試験で重要視されている面接対策を疎かにするとどうなるか?
皆さんが筆記試験対策に半年あるいは1年間もしくはそれ以上かけてきた、その努力を水の泡にしてしまうことにもなりかねないのです。
そうならないように、この時期から余裕を持って始める面接対策を近日リリースしますので、期待してください。



面接対策に不安がある方はどんなことでも構いませんから相談してください!



☆☆☆☆☆
必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。


2013-11-06(Wed)

チョット気になったニュース

政府は各省庁の幹部人事異動に首相の意向を反映させると云った記事が出ていました。
http://mainichi.jp/select/news/20131106k0000e010177000c.html
偉そうなことを言うつもりではありませんが、ちょっと気になったのでブログで取り上げます。
現在も、各省庁の局長以上の幹部人事は内閣官房長官などによる会議により了承を経て決定されることになっています。
このニュースを読む限りは、更に、政治主導色を濃くするもののようです。
政治主導と言っても要は政治家が官僚をいかに使うか?使えるかのような気もするのですが?
国家公務員制度も地方公務員制度も様々な変革の渦中にあるようです。

この記事で田村が感じたのは、もっと下衆な話になるかも知れませんが、まぁ、読んでください。

組織を活性化するための人事の在り方に苦心していた自分の立場から考えると、
トップの好き嫌いで人事を決められたら、職員はたまったもんじゃないな?現場は混乱するだろうな?と云うことです。
もちろん安倍政権がそうだとは思いませんが、一般論としてです。
地方自治体の人事異動もしかり、
トップが自分の使いやすい職員を登用するようでは、その組織は知らず知らずのうちに機能しなくなる、言ってみれば生活習慣病のように怖いものだと思います。
また、職員もトップの顔色をうかがうだけで主要ポストに就こうとしては、意欲ある職員は嫌気を指してしまうでしょう。

こんなことにならないように、全国の公務員頑張れぇ!

皆さんも遠慮なく公務員面接対策に関する質問を送ってください。

☆☆☆☆☆
「田村一夫の市役所採用試験面接対策講座」をリリースしました。
9月以降の市役所採用試験は、都道府県庁や特別区、政令市といった大規模な地方自治体の面接試験とは若干異なります。従って、その対策も変わってきます。
講座についての詳細は、必勝倶楽部公式ホームページ
を見てください

必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。


2013-11-03(Sun)

2014年の公務員試験に向けて:面接対策を始める時期④

毎年の公務員受験で筆記試験終了後に蒼い顔をして相談に来る受験者の多くが、
面接直前になって「自己PRができない」「志望理由が思いつかない」と云う内容です。
あるいは「自己PRを考えたけどそれに合ったエピソードが上手く作れない、それではだめでしょうか?」
「志望理由を考えたけど、なんとなく抽象的で受験先以外でも同じことが言えそうなんです。それではだめでしょうか?」
こんな泣きが多い!

結局、受験予備校講師の言うとおりにしてしまうか、合格者体験記から盗用してしまうかになってしまいます。
それでなければ間に合わないからです。
実際に面接をしていても「誰も同じようなことしか言えないのかな?」状態で、
これでは面接官も「こいつを部下にして使ってみたい」とは思えませんよね。
だから、
今の時期から少なくとも「自己PR」と「志望理由の骨格」はしっかり組み立てておいてもらいたいと思います。
そもそも「エピソードを作る」なんてとんでもないことです。
そんなエピソードでは面接官に再質問されればあっという間に化けの皮がはがれてしまいます。
あなた自身をじっくりと見つめることが面接対策の第一歩かもしれません。
それには時間が必要になります。
皆さんはそのようなことにならないように早い時期からの面接対策を意識してもらいたいと思います。
そんなわけで
現在早い時期から取り組む面接対策を企画しています。
もぅ少しでリリースしますのでお待ちください!


皆さんも遠慮なく質問を送ってください。

☆☆☆☆☆
「田村一夫の市役所採用試験面接対策講座」をリリースしました。
9月以降の市役所採用試験は、都道府県庁や特別区、政令市といった大規模な地方自治体の面接試験とは若干異なります。従って、その対策も変わってきます。
講座についての詳細は、必勝倶楽部公式ホームページ
を見てください

必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。


2013-11-01(Fri)

2014年の公務員試験に向けて:面接対策を始める時期③

面接対策で意外と苦労するのが、過去の自分の経験から何を得たのかを明確にすることのようです。
今までの合格者の皆さんと話をしていて痛切に感じます。
学生であれば、サークルやゼミナール、アルバイトのネタを取り上げることが多いです。
例えば、アルバイトのことを考えてみましょう。
皆さんが経験したアルバイトは進学塾での講師や家庭教師経験、コンビニ店員や居酒屋、ファーストフード店での経験等が多いのではないでしょうか?
そうするとそこで得た内容も似たようなもので終わってしまい、熱く語るのにはちょいと弱いと思うようです。
例えば、年末年始に人がやらないようなアルバイトを短期間でも良いからやってみましょう!
私が面接官をやっていた時に印象に残った合格者のアルバイト…ごみ収集作業、葬祭場の案内経験でした。
自分の身体を使い、汗をかきながら労働する。それも、いわゆる3K的な仕事を体験した。
また、人生の節目になる葬儀に立ち会うことにより、家族の絆を深く考えることができた。
などなど
非常に奥行きのある体験を語れていました。

そのような体験は採用側としても興味を持つ内容になるのです。
いままで、アルバイトも何もしていないような人達は、必ず何かを体験してください。
それができるのは今しかないのです!

そんなわけで
現在早い時期から取り組む面接対策を企画しています。
もぅ少しでリリースしますのでお待ちください!


皆さんも遠慮なく質問を送ってください。
☆☆☆☆☆
「田村一夫の市役所採用試験面接対策講座」をリリースしました。
9月以降の市役所採用試験は、都道府県庁や特別区、政令市といった大規模な地方自治体の面接試験とは若干異なります。従って、その対策も変わってきます。
講座についての詳細は、必勝倶楽部公式ホームページ
を見てください

必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。


最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア