2015-05-27(Wed)

集団討論を乗り切るポイント



集団討論はディベートとは全く異なります
メンバー全員で議論をして、その結論をまとめることです。

最近は公務員の面接試験でも広く採用されるようになっています。
以下
集団討論を乗り切るためのポイントを案内します。

メンバーを仲間と思うこと
集団討論はメンバー全員で一定の結論を導き出すことが求められています。
従って、競争相手ではなく仲間と考えることからスタートしてください。
具体的には、他のメンバーから出た意見を否定することは避けてください。
メンバーで結論が出せなければ全員が落ちることになります!
控室にいる時から時間を有効に使い
どの様なタイプの仲間なのかを観察しましょう


時間配分
与えられている時間とメンバー数にもよりますが
時間が60分と仮定すると
最初に課題の抽出に10分(各メンバーが1分程度で発表)
最初に議論する課題を確認
その課題要因について10分
その解決案について10分
次の課題に進む
その課題要因について10分
その解決案について10分
最後にまとめを10分で
といった流れを最初に確認してください。

課題のまとめ方
最初にメンバー全員に発言をしてもらい
与えられたテーマの課題と考えるべき事柄を整理します
その際にいくつもの論点があったとしても
数が多いものから2つ程度をまとめ
取り上げる
ようにしてください。
最初のこの課題を集約しておかないと
最後に混乱してしまうケースが多いようです

発言数のコントロール
1人だけが目立って発言する一方で
何も発言できない人がいるようでは

結論が出たとしても
そのグループは評価されません
発言に自信のない人でも積極的に発言してください。
また、討論時間中下を向いてメモを取り続ける人もいますが
メンバーの顔を見ながら話し合うことを意識してください。

議論が迷走しないようにコントロール
同じような議論を繰り返してしまうことや
既に整理された議論に戻ってしまうケースも多くあります
そのような場合には軌道修正しましょう
意外と評価される点です

集団討論は頭で考えていただけでは
要領を身に着けることができません。
受験生仲間と自主練習を考えてください。

2015-05-24(Sun)

政令市面接試験の特徴②



静岡市
1次試験時に面接シートを書かなければなりません。
1次試験で集団面接があり
面接対象者が発表されて10日後に行われます。
最終合格者は2次試験の成績だけで判定されます。

浜松市
面接に関する特徴はありませんが
性格検査、事務適性検査、職場適応性検査などが行われていますので
それらを参考にした面接内容になると思われます。

名古屋市
2次の論文試験の翌日から個別面接が始まりますので
事前準備が重要になります。

京都市
申込時に自己紹介書を提出しなければなりません
内容は自己PR300字、志望理由300字です。
1次の筆記試験後すぐに1次試験の個別面接が行われます。
特徴的なことは3次試験の個別面接では面接官に民間企業の方が入ります
従って、民間的な発想も求められるようになります。
最終合格は3次試験の面接で判定されます。

大阪市
1次試験でエントリーシート作成がある。
その内容は
・大阪市を志望した理由
・自己アピールや自己紹介
・学生生活で学んだことや最も力を入れて取り組んだことなど
・職員としてどのような仕事をしたいのか

3次試験で市職員として政策課題のどの様に取り組むのかといった
グループワークが行われるので事前準備が必要になる。

堺市
特徴点は
1次試験で集団面接が行われる点と
2次の論文試験当日に志望動機や経験などの面接カードを書くことです。

神戸市
受験申込時にエントリーシートを提出する。
その内容は
・志望動機150字
・力を入れて取り組み、達成感を感じたこと200字
・地道に取り組んだこと200字
・最大の失敗200字

2次試験でグループワークが行われる

福岡市
1次試験で個別面接が行われるので早めの対策が必要
最終合格者は2次試験の成績で判定される

北九州市
1次試験時に面接カード記載が必要
その内容は
・これまでに取り組んだ活動や体験
・自己PR
・志望動機

などの内容

熊本市
申込段階で志望理由と自己PRをそれぞれ200字で書く必要がある
2次試験で集団討論が行われる。

など
様々な特徴点があります。
また、最終の面接試験の成績で合否が判定される自治体も多いので
面接対策には万全を期してください。

2015-05-21(Thu)

政令市面接試験の特徴①


都道府県に続いて政令市面接試験の特徴を北から紹介します。

札幌市
1次試験時に面接シート作成があり
自己PRこれまでの経験について短時間で書かなければなりません。
1次試験で「面談」がありますが、対象者発表の1週間後に行われます。
1次試験合格者発表後に直ぐに面接が行われています。
面接内容は個別面接ですが1日に2回行われます。

仙台市
申込段階で志望動機(6行)を書かなければなりません。
1次試験で面接対象者が絞られ
発表後1週間程度で集団面接が行われます。
最終合格者は2次試験の論文と個別面接の成績で判定されます。

新潟市
1次試験時にエントリーシートを持参しなければなりません。
その内容は
・ひとことプロフィール
・市職員となってどのような仕事で自分自身を活かせると思うか
・今まで力を入れて取り組んできたこと
・ここ数年であなたが困難を乗り越えたこと、そこから学んだこと

等を具体的に書くことになります。
また、筆記試験と2次の個別面接までの期間が2週間と短い点にも注意してください。
最終合格者は3次試験の作文と面接の成績で判定されます。

さいたま市
2次試験で集団面接と個別面接が行われています。
最終合格者は2次試験の成績だけで判定されます。

千葉市
申込時に志望理由と希望する職務、自己PRをそれぞれ400字で書かなければなりません。
1次試験で個別面談が行われますが1次試験の10日後から行われます
最終合格者は2次試験の成績だけで判定されます。

横浜市
申込時点でエントリーシートを提出なければなりません。
志望理由や力を入れて取り組んだことをそれぞれ150字で書かなければならないので
簡潔にまとめることが必要です。

2次試験の個別面接は専門論文試験の翌日から始まり
同じ部屋で数組が同時に行われます。

川崎市
申込時点で志望理由、自己PRをそれぞれ200字で書かなければなりません。
1次試験で個別面談がありますが
発表から1週間後から始まるので準備期間が不足します。
2次試験では小論文試験の翌日から集団討論、個別面接が行われますので
早い段階からの準備が欠かせません。

相模原市
1次試験合格者発表後すぐに集団面接が行われます。
3次試験の論文試験時に面接カードを書くことになります。
2次試験も3次試験も発表後すぐに行われていますので
注意してください。

1次試験から面接があるなど
面接準備期間が短いので早めに準備することが有利になります。
また、個別面接だけではなく集団面接も行われるので
集団面接のポイントも身に着けておいてください。
2015-05-18(Mon)

意外に多い集団面接



都道府県面接試験特徴点を振り返ってみると
個別面接だけではなく
集団面接集団討論も一般的に行われるようになっており
グループワークプレゼンテーションなどの馴染のない
面接手法も顔を出すようになっています。

今回は集団面接をテーマに注意してもらいたいポイントを紹介します。
集団面接は複数の面接官に対して
複数の受験者が一堂に行う面接方法です。
従って、受験する皆さんは
直接受験生同士が比較されていることを意識したうえで
集団面接の特徴点を理解して対策を考えなければなりません。


具体的な特徴点は以下の通りです

物理的
人数が多いので個別面接よりも大きな部屋になります
大きな声で面接官にはっきりと聞いてもらうことが重要です。

面接時間が限られている
面接は60分程度行われますが
受験者が6人とすれば
面接官の質問時間を除くと
1人あたりの持ち時間は7分程度と限られます
短い時間で端的に質問に答えることが重要です。
長くても1分以内で答えるように注意してください。
➡そのためにも結論を先に言えるように準備してください。

実は採用者側が集団面接を行うのは
短時間で大勢の受験者を評価するためです
このことを理解してください。

他の受験者が答えている内容にも注意
他の人が答えた内容について
「今の内容についてどう思いますか」と振られることもあります
面接時間中は集中して他の人の発言も聞かなければなりません。
面接時間中は他の人が答えている時でも気を抜かないように
集中していることが重要です。

答えが被ることがあります
基本的に同じ質問がメンバー全員にされますので
あなたが答えようと考えていたことを先に言われてしまうことがあります
慌てずに、自分の体験を加えながら話せば答えは被りません。
無理に話を替えようとするのは失敗の元です。

挙手をして発言する場面
➡自分の考えを素早くまとめて積極的に発言してください。
毎回最後の発言になってしまう様では積極性が疑われます。

疑問点があれば遠慮なく質問してください。
2015-05-16(Sat)

都道府県面接試験の特徴④



和歌山県
2次試験で2回の個別面接集団討論が行われます。
集団討論のテーマは社会時事ネタだけではなく
和歌山県ネタが出題されますので
事前調査が重要になります。

また
一般行政特別枠試験では
1次試験でアピール論文があり
2次試験で個別面接だけではなく
プレゼンテーション面接がある点が特徴です。


鳥取県
2次試験では集団討論と個別面接が行われますが
個別面接は同じ日に2回実施されますので
体力勝負になります。

また
事務総合分野コースでは1次試験時に
2時間のエントリーシート記載があります。
その内容は
①志望理由
②取り組みたい仕事
③自己PR
④チャレンジ経験
などの一般的な内容です。

島根県
特徴的なことは
1次試験で個別面接が行われること
2次試験で「討論型個別面接」が行われることです。
これは
テーマが当日提示され
それに対する意見を発表し面接官の質疑を受けることになります。


佐賀県
行政特別枠では
受験申込時にアピールシート提出が必要になり
それも選考材料になりますので
十分な推敲が必要です。

鹿児島県
総合行政では
1次試験でPR論文試験が行われる点に特徴があり
これが面接の際にも使われているようです。
PR論文の課題は
県職員としての貢献や、セールスポイント、県の魅力などに関連する内容です。

以上で公表されている都道府県の面接試験特徴点をまとめてきました。
見ていただいてわかるように
各自治体では
集団討論を導入するところも多く
更に工夫を凝らした面接試験を行っています。


皆さんもそれに対応する面接対策をしなければなりません。
疑問点があれば遠慮なく質問してください。

2015-05-14(Thu)

都道府県面接試験の特徴③



愛知県
行政Ⅰは1次試験の合格発表の10日後に
まず論文試験が行われ
その際に試験会場で「面接カード」を記載することが特徴です。
また
行政Ⅱでは集団討論も行われます。
集団討論の課題は試験当日に提示されます。

京都府
1次試験当日に「面接カード」を持参することになりますが
面接カードの内容は自分自身を
「体力に自信がありチャレンジ精神旺盛なタイプ」など
例示された3タイプから選び
具体例を挙げてアピールする項目
クラブ活動、社会貢献活動、資格、特技などについて記載する項目
があり
記載するボリュームはかなりあります。

1次試験で集団面接があり
口述試験に進める合格者が発表されてから1週間後から行われます。
2次試験は8月1日から始められ
個別面接2回と集団討論が行われます。
なお
行政ⅠBは1次試験で「自己アピール試験」があり
「アピール型個別面接」が行われる点が特徴的です。

大阪府行政22-25の1次試験は6月7日に行われます。
1次試験会場でエントリーシートを書くことになります。
エントリーシートの内容は年度によって異なりますが
①志望理由
②府職員として活かすことができる能力などの自己アピール
③過去の経験で培ってきた能力

などになります。
2次試験の論文が6月28日行われ10日後から
2次試験の個別面接が始まります。
3次試験では個別面接とグループワークが行われます。
グループワークは
県職員として実際の事業を行うためにどうすればよいのか
といった内容で行われています。
エントリーシートを試験会場で書くこととともに特徴があります。


奈良県
7月3日に口述試験受験者が発表され
10日後から1次試験の集団面接試験行われます。
2次試験は個別面接と集団討論ですが
1次試験合格発表の5日後から始まるので準備期間がありません。
集団面接が行われる点と面接対策期間が少ないことが特徴になります。

受験先の面接試験の特徴を把握したうえで
時間の余裕をもって面接対策を進めてください。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
Amazonランキング1位! 元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************



2015-05-12(Tue)

都道府県面接試験の特徴その②



埼玉県の1次試験は6月28日に行われます。
1次試験の合格発表7月7日にあり
2次試験の適性検査、論文、集団討論、個別面接(2回)は7月13日から始まります
合格発表を待っていたのでは面接対策期間が1週間程度しかありません。

東京都(ⅠB一般方式)の1次試験は6月7日に行われます。
2015年は2次試験の個別面接が2回から1回に変更されています。
これに伴い
面接シート内容や面接時間が変わることも予測されます
現段階では
昨年までの面接シート内容で準備を進めておいてください。

詳しい内容がわかり次第お知らせします

神奈川県の1次試験は6月28日に行われます。
1次試験の合格発表7月8日にあり
2次試験の1回目の個別面接は7月13日から始まります
従って、
1次発表から5日後に面接試験が行われますから
合格発表を待っていたのでは面接対策期間が数日しかありません

また
2回目の面接ではグループワークと個別面接が行われています。
グループワークでは県職員の立場で
具体的な事業の実施計画などについて
議論しまとめることが求められます
職員として会議するような課題が出されている点が特徴的です。


長野県の1次試験は6月28日に行われます。
1次試験の合格発表が7月7日にあり
2次試験は7月中旬から行われます
面接試験の内容は集団討論と個別面接が2回行われます。
特徴的なことは2回目の個別面接の評定にあり
7段階評定に3人の面接官が下位の2段階ではなく
2人以上の面接官が上位4段階以上の評定が求められています。

このように面接対策は1次試験の合格発表を待っていたのでは
間に合わないのです

1次試験前から準備を進めてください。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
Amazonランキング1位! 元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************



2015-05-10(Sun)

都道府県面接試験の特徴その①


現時点で試験案内が公表されている
都道府県面接試験の特徴点を北から順に紹介します。

北海道の1次試験は5月17日に行われます
1次試験の合格発表が5月28日にあり
2次試験の個別面接が6月上旬から始まりますので
合格発表を待っていたのでは面接対策期間が1週間程度しかありません。
受験申込時に提出したエントリーシートをもとに
2次試験3次試験の個別面接が行われます。

岩手県の1次試験は6月28日に行われます。
2次試験で個別面接と集団討論が行われます。
また、並行して民間経験者枠の試験も行われ
2次試験では個別面接、集団討論、プレゼンテーション面接が行われます。
○宮城県の1次試験は6月28日に行われます。
2次試験は7月24日に論文と適性検査が行われ
7月下旬からは人物試験として個別面接と集団討論が行われます。
従って、論文試験対策と並行して面接試験対策を行う必要があります。

福島県の1次試験は6月28日に行われます。
2次試験では適性検査、個別面接、集団討論が行われます。
面接官の持ち点を合計して評価する点は特徴的だと思います。

茨城県の1次試験は6月28日に行われます。
1次試験の合格発表7月8日にあり
2次試験の適性検査、集団討論、個別面接(2回)は7月15日から始まります
合格発表を待っていたのでは面接対策期間が1週間程度しかありません。

栃木県の1次試験は6月28日に行われます。
2次試験で2回の個別面接が行われますが
特徴的な点は1回目の個別面接にあり
予め提示された課題(2014年は成人年齢の引き下げについて)
について意見を表明し、質疑応答が行われる点です。


群馬県の1次試験は6月28日に行われます。
2次試験で適性検査、論文、個別面接が行われ
3次試験で個別面接が行われます
従って、論文試験対策と並行して面接試験対策を行う必要があります。

このように面接対策は1次試験の合格発表を待っていたのでは
間に合わないのです

1次試験前から準備を進めてください。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
Amazonランキング1位!元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************


2015-05-07(Thu)

大逆転できる面接試験



皆さんはそれぞれの受験先の試験情報を
こまめにチェックしていると思います。
面接試験の実施方法などが変わることもありますので
入念にチェックしてください。

その中で
最終の合否決定方法も明記する自治体も増えてきました。
都道府県でも全てが公表されているわけではありませんが
公表されている中では
神奈川県は2次試験(個別面接とグループワーク)の成績で
鳥取県は1次試験の論文と2次試験の人物試験で
香川県は2次試験の結果
佐賀県、熊本県は3次試験(個別面接)の結果で判定
鹿児島県は2次試験の結果により判定し1次試験の結果は反映されない
となっています。
高知県は口述試験の成績が合格水準に達しない場合は総合得点に関わらず不合格

また
岐阜県は1次試験得点の1/2を加算した2次試験の成績で判定することなど
試験の配点を見れば面接重視は歴然としています。

このように最終合格の判定では
1次試験の成績がリセットされ
2次試験以降の面接だけで判定される自治体が増えているように思います。

皆さんも1次試験にだけ集中していたのでは
最終合格を勝ち取ることが難しくなるかもしれません
面接対策の重要性を再認識してください。

今週からスタートした
「本番で大差をつける面接対策の極意」講座
では
短期間であっても効率的に面接突破のノウハウを
受講生一人ひとりに応じて提供します。
私と二人三脚で最終合格を勝ち取りましょう!

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
Amazonランキング1位! 元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************


2015-05-04(Mon)

本番で大差をつける面接対策の極意




昨日リリースした
田村の面接対策本講座
「本番で大差をつける面接対策の極意」
アマゾンのエントリーシート部門で

2年連続ランキング1位になりました。

申し込みされた方とこれから一緒に頑張っていこうと思います。

これからが大切
受講者の皆さんの期待に応え
実戦的な面接対策を
一人ひとりに寄り添って
オーダーメイドで完成させます
皆さんに力をつけてもらい
最終合格をゲットし
喜びを分かち合いたいと思っています。


そして
行政現場に
役立つ公務員を送り込みたいと思っています。
そのためにも頑張ります!


アマゾンランキング1位(2015.5)





2015-05-03(Sun)

「本番で大差をつける面接対策の極意」いよいよスタート



実際の職員採用試で
100人の面接をすると
「この人は採用したい」と思う人10人
「この人は採用できない」と思う人20人
は比較的簡単に判断できます。

面接官が悩むのは
ボーダーライン上に固まっている
残りの70人から誰を選ぶのか
という点です。

私自身も悩みながら採用予定者の最終判断をしてきました。

合格を目指す皆さんは
面接官に選ばれなければなりません。


そのために何が必要か

しっかりとした
「自己PR」「志望理由」は当たり前ですが

その上に
社会人としてのマナーを身に着けていることが求められます。
それは
服装・態度・立ち振る舞い・話し方など
見た目を社会人として
相応しいものにすることです。


「本番で大差をつける面接対策の極意」講座を
いよいよ本日5月3日よりスタートさせます。


本講座は
テキストを読み、動画講義を観るだけではなく
更に一歩踏み込んで

「面接シート」を完成させるための添削指導
「質問シート」による疑問点の解消
「動画クリニック」による弱点の発見と修正指導

等による
オーダーメイドの面接対策を行います。
最後にはLINEを通じて模擬面接を行います。

全国どこにいても、既存の予備校に通わなくてもできる
受講生一人ひとりに寄り添った
面接対策講座です。


しかし
面接対策期間は限られています。
一日も早く面接対策に着手してください。
それが
他の受験者をリードできることにもなります。

私も全力で皆さんの合格に向けてお手伝いします。
私と二人三脚で公務員試験
最終合格の切符を手に入れましょう!
2015-05-01(Fri)

「本番で大差をつける面接対策の極意」



都道府県・政令市・市町村職員採用の
面接試験では
従来のように個別面接だけでなく
集団面接
集団討論
グループワーク
プレゼンテーション

など
様々な面接手法を取り入れるようになっています。

従って
面接対策もそれに応じなければなりません。

個別面接では
個人のプライベートなことまで聴かれる可能性があり

集団面接では
他の受験者と比較して評価される可能性があり

集団討論では
グーループとしての結論を出さなければ全員が評価されない可能性があり

グループワークでは
何気ない動作の中から協調性やリーダーシップ力を評価されます

それぞれの面接形式ごとに注意しなければならないポイントは変わります。

5月3日にリリースする
「本番で大差をつける面接対策の極意」では

皆さんの受験先に応じた
オーダーメイドの面接対策ができます

面接シートの添削だけではなく
質問シートを使って様々な面接に対応する
ノウハウを身に着けてください。


それが最終合格を手に入れる近道になります!
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア