2015-07-27(Mon)

特別区のプレゼンテーション対策



特別区人事委員会面接では今年から
プレゼンテーションが導入部で行われることになりました。
最初の質問である
「自己PR」「どのような仕事をしたいのか」「志望動機」
について3分間のプレゼンが求められています。


通常であればそれぞれの項目について
面接官質問に答えるのですが
しかし
プレゼンテーションですから自分から整理をして
3つの項目について
わかり易く説明しなければなりません。

プレゼンテーションは個別面接などに求められる資質に加え
表現力やわかり易い説明力
加えてそれを身体全体で表す力
も必要になります。

テレビで流れているCMも参考になります
その製品の売りを端的に表現しているはずです。
皆さんも自分のプレゼン内容について
「ここを言わなかったらどうなるか」と考えてみてください。
余分な話が多いことに気付くでしょう!

まずは人前で話すことから練習に取り組んでください。
人前で自己紹介を3分間やってみると良いでしょう
3分間の長さ、あるいは短さを実感すると思います。

プレゼンテーション面接対策のポイントをいくつか挙げましょう。
「あがる」のは当たり前
 あがっている自分を想定して練習する
 そして「やるしかないと開き直る」ことです。
丸暗記はしない
 「忘れたらどうしよう症候群」から抜け出す。
話し方の注意
 話し方のメリハリ・抑揚、テンポ
 言葉一つひとつの発音が正しく明瞭であること
 加えて「間」です!
さぁ
今日から練習です。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-07-24(Fri)

特別区面接カードの注意点



特別区人事委員会面接試験で使われる面接カードが明らかになりました。
サイズはA4版で
記載項目
【あなたの強みは何ですか。また、それをいかして特別区でどの様な仕事に挑戦したいか、志望動機も含めて具体的に書いてください。】
【今までに、あなたが最も困難だと感じた出来事はどんなことですか。また、どう乗り越えましたか。】
【チームやグループで活動した経験において、あなたの役割と、独自のアイディア等によってどの様に貢献したかを具体的に教えてください。】

この3項目についてそれぞれ5行の記載欄があります。

質問内容自体は
従来の面接カードと似通っています。
それぞれの質問項目がボリュームあるのに対して
記載欄が少ないのが私の第一印象でした。

例えば
最初の質問項目
従来の「自己PR」と「志望動機」、「今までに得た知識を今後どのように活かしたいか」
の質問を1つにまとめた内容です。
2つ目の質問
従来の「最も力を入れて取り組んだこと」と「プレッシャーを感じたこと」
の質問をまとめ
切り口を「困難をどの様に乗り越えてきたのか」に変えてあります。
最後の質問
従来の「チームで協力して成し遂げたこと」
に加え「独自のアイデァ」「具体的」に要求されています。
感覚的に
従来使ってきた面接カード2枚を1枚にまとめたと言えます。


皆さんに求められていることは
それぞれアピールする内容
如何にコンパクトにまとめ
面接官に読んでもらう工夫

更に重要になっていると思います。

この面接カードで分かった
最大の面接変更点
最初の質問
「自己PR」「どのような仕事をしたいのか」「志望動機」
について
3分間のプレゼンテーションをすることです。
従って
1回の面接で
プレゼンテーションをした後に
個別面接に入る
という
非常にタフな面接になります。

周到な事前準備がなければ
乗り越えることが難しいでしょう!


必勝倶楽部で提供している
面接対策田村ゼミ「特別区」(詳細はこちら→)では
もちろん
プレゼンテーション対策から
個別面接対策まで
漏れのない指導をします!
本日が申込期限ですから
特別区合格を目指す方は
ご検討ください!


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-07-19(Sun)

横浜市の面接風景



横浜市の面接風景をレポートします。
2次試験(面談)
・試験会場は「横浜市研修センター」
・控室に待機して、面接時間になると職員が出席確認する。
・ホワイトボードにブースと受験番号が書いてある。
・3人ずつに振り分けられる。
・複数の受験者がいるので、前の人が終わるまで待機する。
・会場は大部屋に4ブースがあり、受験者側は椅子が置いてあるだけ。
・パーテーションで仕切っているわけでもないのでノックも必要ない。
 面接中は他の受験生の様子もわかる。
・従って、賑やかなので大きな声で話してください。
・面接官は2人。
・受験生側には、椅子のみで、比較的距離も近い。
・荷物は控室に置いたまま面接会場に行く。
・終わったら、控室に戻り、ホワイトボードの自分の受験番号を消して帰る。

3次試験(面接)
・会場は「横浜朝日会館」
・面談時と同様に時間になると職員が出席確認する。
・ホワイトボードに面接室と受験番号が書いてある。
・最初の人は職員の指示で面接室に向かう。
・2人目以降は前の受験者が戻り、ホワイトボードの受験番号を消してから
 4分計り面接室に行く。(この時職員は案内しない)
・荷物は控室に置いていく。
・会場は独立した部屋なのでドアをノックし、中からの返事を待って入室する。
・受験者側は椅子のみ
・面接官は3人。
・終わったら、控室に戻り、ホワイトボードの自分の受験番号を消して帰る。

明日から横浜市面接試験が始まります。
頑張って最終合格の切符を手に入れてください。
応援しています。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-07-19(Sun)

経験者論文&面接対策講座スタート



前回のブログで
社会人経験者枠の職員採用試験について
厳しいハードルだと書きました。
そのハードルを乗り越えるために
「経験論文」と「面接対策」の特化した講座

田村一夫の経験者論文&面接対策講座2015

をスタート
させました。

この講座は
テキストだけではなく
回数無制限の
「経験論文」「面接シート」添削と「質問レター」
回数2回の「LINE模擬面接・個別相談」
で構成
しています。

社会人経験を経て
公務員を目指している皆さんに
完全個別指導します。

本講座を活用し
公務員としての人生を再出発しましょう!


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
 田村一夫の経験者論文&面接対策講座2015
 http://hissho-club.com/keikensha-mensetsu2015

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************

2015-07-16(Thu)

倍率50倍でも合格できる!経験者対策講座スタートします。



今回は、経験者採用試験向け講座の案内です。

地方自治体の経験者採用枠は年々拡大していますが
その倍率は高く
狭き門
になっています。

経験者枠受験の皆さん多くが
実際に業務をしながら対策をしなければならないので
苦労しています。

自治体が経験者を職員として採用するには
新しい風を吹き込む魅力
組織に馴染むのかといった心配狭間
合否決定に苦労するのですが
一番重要なことは
人柄です

いくら実績や能力があっても
採用後それが発揮できないのでは困るからです。

従って
採用に際して
経験論文試験と面接試験を重要視しています。

今年も

【完全個別指導/定員制】
元多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の経験者論文&面接対策講座2015

を、

7月19日(日)20:00

から発売します。

講座の詳細はこちら→からご覧ください。

講座案内ページには、昨年度、この講座を受講して45倍!を超える高い倍率を見事突破した合格者の方の声も掲載しています。

皆さんの経験は一人ずつ異なっていますので
他の人の経験論文を真似ても意味がありません

また
自己PRや志望理由もオリジナル性がなければ
面接官が興味を持つこともありません。


それらに対応するために
完全個別指導しなければ皆さんの強みを活かすことができません。

受講者一人ひとりの経験や個性を大切に
今年もスタートします。

期待してください!
私と二人三脚で公務員の道を目指しましょう!

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
 田村一夫の経験者論文&面接対策講座2015
 http://hissho-club.com/keikensha-mensetsu2015

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************

2015-07-12(Sun)

2015 東京都面接対策田村ゼミスタート



東京都面接対策田村ゼミスタートしました。
11人の少数精鋭で
実戦方式でシゴキますが
ゼミ生も必死になってついてきてくれています。

11705551_861223080622577_6750356064830900609_o.jpg


第1回のゼミでは
最初にゼミ生の前で全員が自己紹介

多少緊張しているようでいる人もいましたが、みなさん、堂々としたものした。

その後に「自己PR」の発表です。
人前で話す機会が少ないからか
なかなか上手くできず
途中で何を話しているのか
わからなくなってしまった人もいました。

面接本番では大変なことになってしまいますが
それを
事前に体験しておけば
本番で詰まってしまうことはなくなります。


しかし
以前のブログでも書いてありますが
実際に「自己紹介」と「自己PR」を混同している様子も
伺えました。
ゼミではその両方をしたので
もう混同することはないと思います。

「自己PR」については
発表後に全員から様々な意見が出され
アピールすることの難しさを感じてくれたように思います。


昨年合格者の「自己PR」例を紹介します。
ゼミ生からの鋭い突っ込みを経て
完成した内容です
「私の強みは、わかりやすい情報提供により、理解してもらう力です。
私は、保険代理店の法人営業を行ってまいりました。
保険は形がないため、イメージが掴めないという壁があります。
そのため、自分が顧客であればどのように説明されたら
わかりやすいか
ということを常に心がけました。
例えば、顧客が抱えるリスクを図表化し、
企業のリスク分析に貢献しました。
このような活動の結果、
企業の担当者からは
「保険については、上司からの質問に自信を持って答えられるようになりました!」
という評価
をいただいてきました。
私のこの強みを活かし、都民を含む関係者とわかりやすい情報を共有し、信頼を得られるように努めてまいります。
これが面接官にアピールできる「自己PR」です。

皆さんも
面接で必ず訊かれる「自己PR」を再確認してください。


特別区の面接対策ゼミ

も7月後半から始めます。
少数精鋭で徹底的に鍛えますので
期待してください!

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-07-08(Wed)

国家一般職一次発表



1次試験合格された皆さん第一関門突破おめでとうございます。
しかし、これからが本番!
合格者の皆さんは明日9日から12日までの間
「合同説明会」が開催されるので参加してください
沖縄は台風の影響で中止となっていますので
今後の日程をチェックしてください。
この説明会へ参加しなかった場合でも不利にはなりませんと言っていますが
希望度が高ければできるだけ早い回に申し込みたいところです

採用側も最後の説明会参加では志望度が低いのではないかと
本音では考えているはずです。


その後に官庁訪問になりますが
今年は8月20日から始まります。
官庁訪問解禁日までは面接などの行為は一切行わないとしていますが
業務説明会は開催されるので
希望官庁の業務説明会があれば参加できるように考えてください。
様々なルールがありますので
人事院ホームページで確認してください。

人事院面接7月22日から8月10日までの間に行われますが
内容はそれほどハードなものではありません
面接カードに沿って淡々と行われます。

しかし
実際の採用が決まる官庁訪問では
過酷な面接が繰り返されます。
過酷という意味は
体力的にも精神的にもです
例えば
人事係長と1対1で1時間程度の面接
最初の15分程度は業務説明だが
その後30分程度の質問タイムがあり
最後に15分程度で志望理由、自己PR、長所短所について
若手職員とは
雑談風の面談が行われ
世間話のような話がされるが
そこでも人間性をチェックされています。
課長代理クラスとは
複数の受験者と一緒に
業務に関する質問やどのような仕事をしたいのか
併願状況などについて詳しく聞かれていました。


このような面接が
繰り返し行われ選別され
やっと採用面接に辿り着くことができます。
複数の面接官がいる個別面接が多いようですが
厳かな雰囲気で行われます。


合格者の皆さん
気合を入れて頑張ってください!

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-07-06(Mon)

志望理由の注意点



面接対策の指導をしていると
志望理由がはっきりしない人が多いのに驚きます。
今回も東京都合格者
実際の添削例を挙げますので一緒に確認しましょう。

添削前の志望理由は以下の内容でした。

「私は、日本の素晴らしい文化を伝えたいという思いから
観光政策に携わりたく公務員を志望しました。
中でも、東京都は
様々な観光資源を有しているほか
国際空港、交通機関が充実していることから
世界一の観光都市になることができると思っています。
私は
「東京都が世界一の観光都市になるための一翼を担う」
という大きな夢を持って働きたく
東京都を志望しました。」

内容としては悪くないと思ったのですが
なぜ東京都なのかが
様々な観光資源、国際空港、交通機関の充実
しか明らかにされていない
ので
東京都以外でも使えるような印象を受けました。
メールを通じての何回か添削をすることにより
以下のような「志望理由」が完成しました。

「私は、東京の文化・街並みが好きで、
外国人と接する中でも
東京は世界に誇れる都市であると実感しています。
しかし、以前外国人観光客にアンケートを行った際、
東京の受入環境に不満を持っている方もいらっしゃいました。
東京都には江戸文化や下町文化とものづくり産業
多摩地区には都市農業だけではなく企業と技術研究機関
奥多摩や島しょ地域に残されている雄大な自然
など様々な魅力があります。
このような潜在的な魅力をつなぎ合わせて
観光客の定着には都の魅力を発信するとともに、
不満の解決を図ることも重要であると考えています。
魅力発信と受入環境の双方の充実を総合的に行えるのは東京都であり、
私も都職員として
「世界有数の観光都市の実現」に貢献したいと考え、志望致しました。」

比べてもらってどの様に感じますか
添削後は
東京都の持つ魅力がはっきりし
総合的な観光政策を行える立場である東京都の役割
など
他自治体との差別化もできています。

この合格者の最終面接では
区部から多摩地域までの状況も詳しく聞かれ
私が勧めている「まち歩き」を活かし
臨場感のある話ができました。
と喜んでいました。
もちろん
現在は東京都職員として活躍してもらっています。

皆さんも
オリジナルな「志望理由」になるように
再チェックしてください。


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************

2015-07-03(Fri)

東京都の一次試験合格発表を見て

<東京都面接シートの合格ポイント>




第一印象は
意外と1次試験合格者数が多いことです。
詳しくは東京都HPでチェックしてもらえればわかりますが
事務系だけの比較でも
ⅠA区分採用予定が昨年の1.5倍の90人なのに対して
1次試験合格者は1.75倍の395人で169人の増
ⅠB区分採用予定が昨年の1.1倍の484人なのに対して
1次試験合格者は1.5倍の1249人で407人の増
とそれぞれなっています。

これはどういうことか?
2次試験(面接試験)の受験者が若干減り
採用予定者数か若干膨らんだとしても

昨年のように面接倍率が1.6倍と低い水準ではなく
2倍以上になると考えられます。

この数値はここ数年の中でも最も高い水準です。
つまり
面接対策が極めて重要になるということです
そこで
面接対策の実践編第一歩として
面接シートについて動画をアップ
したので確認してください。

私が昨年から取り組んできた
「新12段階ワークシート方式 受かる面接シート攻略講座」では
受講者の方に考えていただくことによって
他人にはまねのできない
「自己PR」「志望理由」を完成してもらうために
私の添削では考えるためのアドバイスを中心にしてきました。
しかし
それでは間に合わない方のために
「本番で大差をつける面接対策の極意」
面接シート添削では
見せ方のアドバイスや
文言の添削などなど

より実践的な添削指導を心掛けています。

今からでも後れを取り戻し最終合格を手に入れるために
受講をお持ちしています。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************

2015-07-03(Fri)

東京都1次試験合格発表



今日は東京都の1次試験発表です。
合格した人は面接対策に全力投球してください。
残念だった人は切り替えましょう
今年の公務員試験まだまだチャレンジできます
魅力ある受験先もいっぱいです、諦めることはありません!

1次試験を通過した人は
今までの努力を水の泡にしないように
面接対策に集中です!
皆さんの面接対策を
「本番で大差をつける面接対策の極意」講座
で応援しています。
短期間でも他の受験者に差をつけることが可能な
実戦編の講座内容です

また
今年も短期間集中型
パーフェクト合格ゼミ(都庁編)を開催します。
少数精鋭で実戦形式のゼミです
熱意ある受講者を応募していますので参加してください。


東京都面接シートの書き方ガイダンス
公務員必勝倶楽部で近日中にアップしますので
ご覧ください


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-07-01(Wed)

公務員試験の面接官はココを見る



現役公務員の多くが読んでいる
月刊誌「ガバナンス」(ぎょうせい)6月号の記事です。
私が
実際の面接官として、現在は面接指導をしている立場で
現役の公務員面接官向けに
スキルアップ特集として
「優秀な人材を見分ける採用面接官の心得」
についてインタビューを受けた内容です。

公務員受験の皆さんにもヒントになるはずです。

採用者側は受験者の「本当の姿」を見たいと思っています。
だからこそ
面接では興味を持った受験者に
掘り下げた質問を繰り返すことによって
本心を引き出そうとします。
そして
どういう人材に合格してもらって
自分の部下、後輩として一緒に働いてもらいたいか
という視点で見極めているのです。

皆さんもこのポイントを理解して
受験先が求めている人材像をイメージして
面接対策を進めてください。


(株)ぎょうせい発行・月刊「ガバナンス」6月号より



*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア