2015-08-29(Sat)

一般市採用試験にシフトチェンジ



いわゆる地上試験の結果がそろそろ出始めました。
残念な結果に終わった人も
「もぅ今年はダメだ」
「来年また頑張るしかない」
なんて諦めずに

これから始まる一般市の職員採用試験に向けて取り組んでください。

地方公務員を目指している人に考えてもらいたいことは
都道府県や特別区、政令市だけが
遣り甲斐のある職場ではありません。

私も37年間 東京の多摩市で仕事をしてきましたが
大きな自治体にはない魅力の中で
成長してきました。
市民と汗をかきながら進める
まちづくりの仕事は
面白みがあり
遣り甲斐もあります。
やればやるだけ
結果がついてくる充実感があります。

そんな一般市の受験も視野に入れてもらいたいと思います。

これから始まる一般市採用試験の特徴

択一試験よりも
論作文試験と面接試験を重視
している点です。
ですから
合格のポイントは
論作文試験と面接試験の対策
です。
それらはテキストを読んだだけでは身に着けることができません。

必勝倶楽部でリリースした

「市役所採用」論作文&面接講座2015

は、論・作文の添削
面接シートなどの記載項目の添削

に加え
LINEビデオ通話を活用して模擬面接
想定質問の対策

など
オーダーメイドで
一般市の受験に特化
した内容です。

今年の公務員試験のラストチャンスを逃さないようにしてください。

*****************************************************
★元多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の「経験者採用」論作文&面接講座2015★
 最終面接官しか知り得ない経験者試験合格ノウハウ
 http://hissho-club.com/keikensha-mensetsu2015/
★元多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の「市役所採用」論作文&面接講座2015★
 行政事務方トップ&最終面接官だけが知っている「面接の正体
 http://hissho-club.com/shiyakusho-mensetsu2015/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/
*****************************************************

2015-08-24(Mon)

市役所向けの面接&論作文対策講座



これから始まる一般市の職員採用試験が
今年の公務員試験の締めくくりになります。

一般市は都道府県や政令市に比較し
職員数が少ないこともあり
組織に溶け込んで
仕事ができる人を選択する傾向が強く

その判断のために
択一試験よりも
論作文試験と面接試験を重視します。

択一試験はテキストを暗記し
過去問題を解くことで
その正解率を上げることができますが

論作文試験と面接試験は
いくらテキストを暗記しても実力が上がるわけではありません

一番いけないことは
テキストを読んだことで「わかった」
誤解してしまうことです。


そうならないために
論作文で必要なことをは
模範的な論文を暗記することではありません。
自分の書いたものを第三者に添削してもらうことによって
どの様な内容の出題テーマでも
採用者側に「なるほど」と思ってもらえるような
論文を書く実力を身に着ける
ことです

面接も同様です
面接の模範解答は一人ひとり違います
Aさんの回答をBさんが真似をしても
意味がありません

貴方のオリジナル
志望理由と自己PRを完成させることが必要で

それも第三者のチェックが必要になります。

この一般市に必要な対策に特化した
「市役所向けの面接&論作文対策講座」
必勝倶楽部からリリースしました。
今年の公務員試験ラストチャンスに
かける皆さんに
ぜひ受講してもらいたいと思います。
私と二人三脚で
来年からの公務員生活をスタートさせる道を切り拓いてください。

*****************************************************
★元多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の「経験者採用」論作文&面接講座2015★
 最終面接官しか知り得ない経験者試験合格ノウハウ
 http://hissho-club.com/keikensha-mensetsu2015/
★元多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の「市役所採用」論作文&面接講座2015★
 行政事務方トップ&最終面接官だけが知っている「面接の正体
 http://hissho-club.com/shiyakusho-mensetsu2015/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/
*****************************************************

2015-08-18(Tue)

東京都ⅠB試験合格発表



昨日東京都ⅠB試験の合格者が発表されました。
見事に合格した方々はおめでとうございます。

でも
気を抜かないで採用説明会で行われる最終面談の準備をしてください。

基本は面接シートを再確認することと
面接でのやり取りを思い出して
面接練習をしてください。

ここまで来て最終面談で
内定をもらえないことだけは避けましょう!

採用説明会(最終面談)の内容は
面談と写真撮影、身体検査になると思います。
面談時間は15分程度行われます。
2次試験で使った面接シートの内容も訊かれます。
当日提出する「就職意向調書」をもとに様々なことを訊かれますが


面接官は
内定を出したら
本当に東京都に来るのかを確認しています。

面談のポイントはここです
それ以外にも
東京都でやりたいことなども訊かれますので
面接対策をもう一度してください。

残念ながら不合格に終わってしまった方々は
シフトチェンジをしましょう!
まだまだ
今年の公務員試験は続きます
9月に1次試験を行う一般市にも
チャレンジしてください。


一般市受験向けの新講座も準備していますので
近々リリースできると思います

まだまだ今年の公務員試験は終わりではありません
諦めずに
頑張りましょう!


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-08-13(Thu)

困難だったことを乗り越えた経験



挫折経験から得るものは大きく
その経験を掘り下げてもらいことの必要性を書きました。
今回は同じような内容ですが
「困難だった経験」についてです。

採用者側はストレス耐性を備えた人物を求めています。
公務職場でも
ちょっとしたストレスに耐えられず
精神的に参ってしまい
業務が続けることが困難になる職員もいます。
最近は増えているように感じています。

ですから

精神的にタフな人間を求めているのです。
そのタフネスは様々な困難を乗り越えてこそ
身に着ける
ことができることです。

採用者側も過去の困難な出来事に遭遇
それをどの様にして乗り越えてきたのかに
興味を持っているのです。

皆さんは
このことを意識して困難だったことを
自分史の中から発見してください。
第三者から見れば些細なことであっても
その経験で貴方の人生観がわかったように感じたことであり
作り話でなければ
胸を張ってアピールできるはずです。

もう一つ重要なことは
ストレスの解消法です
誰でもストレスを感じるはずです
しかし
その時にストレス解消法を身に着けているのと
そうでないのとでは違いがあります。

貴方のストレス解消法は何ですか
食べ歩きでも
ツーリングでも映画鑑賞でも良いのですが
できれば
身体を動かして汗をかいて
ストレスを解消するイメージを膨らませてください


自分史をもう一度掘り下げてみましょう!


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************

2015-08-08(Sat)

今まで取り組んできたことの注意点



面接では過去の経験のことを様々訊きます。
輝いていたことから挫折してことまで

多くの受験者の方は
輝いていたことについて胸を張って答えてくれます。
それは大切なことですが
あまり自分のキャラクターと異なるようなことを話しても
信用されない時もある
ので気を付けてください。

例えば、如何にもおとなしそうな人
「積極的に仲間のみんなを引っ張った」と言っても
面接官は「本当か???」となり
「それ以外の経験で積極性やリーダーシップを活かした経験はありますか」
「その他にはどうですか」

と繰り返し訊かれて
最後はあやふやになってしまうのでは
面接官に信用してもらえないことになってしまいます。
あまり、背伸びをしないで
等身大の自分で勝負してください。


大切なことは
輝いていた時よりも

「挫折経験」です。
これも
挫折経験や失敗談を話すと不利になる
といった間違えた考えで

大した挫折や失敗でもないことを
答える人が多いのですが
面接官からすれば
「そんなことが挫折経験だとは幸せな順風満帆な生活してきた」
「本当に苦しい場面では潰れてしまうかもしれない」
と心の中でつぶやきます。


私は挫折を経験した人だからこそ
それを乗り越えるために
様々な工夫をして
周囲の人達に応援してもらって

強くなることができ
人間的に成長することができる
と思います。
その様な経験のない人は
人間的には成長できていないのではないかと
思うことも度々あります。
皆さんはもう一度
自分の挫折経験や失敗経験を掘り下げてください。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


2015-08-02(Sun)

特別区のプレゼンテーション対策その②



特別区面接カードの質問項目
【あなたの強みは何ですか。
また、それをいかして特別区でどの様な仕事に挑戦したいか、
志望動機も含めて具体的に書いてください。】

について3分間プレゼンテーションをしなければなりません。
その対策は進んでいるでしょうか?

面接カードに書いた内容を
そのまま話しても意味がありません。

ではどうするか
まずプレゼンテーション用の原稿を作ってください。
面接カードに記載した内容を骨子にして
それに肉付けするイメージです。


面接カードと違う点は
プレゼンテーション用ですから
その原稿は「話し言葉」でまとめてください。


そして
3分以内で必ず話し終える文字数でまとめることが必要です。
今年初めての導入ですから
ルールがはっきりしない点があるので
場合によっては3分間経過した時点で
打ち切られることも考えられます。

ですから与えられた3分間を有効に使うため
2分で終わってしまうのではなく
2分50秒くらいで終わるイメージを持ってください。
途中で打ち切りになってしまっては
肝心な「〆」ができなくなる危険性もあります。


それには自分の話すスピードを計ったうえで
原稿の文字数を決めてください。
目安は1分間で300字です。
しかし個人差がありますので
自分が緊張しないで話すスピードを計り
友人にも聞いてもらい
貴方に合ったスピード、文字数を見つけることが必要です。
決して
早口にならないように注意してください。


その原稿を丸暗記せず
キーワードを頭に入れて
あとはひたすら練習あるのみです
頑張りましょう!

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア