2013-06-28(Fri)

面接官のさりげない質問シリーズ⑧

地方上級の筆記試験も直前に迫ってきました!
今まで頑張ってきたことの成果を発揮できるように
そして面接当日の朝型頭に変えるように今夜は早く寝ましょう!

今日のブログは軽いネタです。
「会場に何時に着いた?」
これも面接導入時のリラックスタイムによく出される質問です。
別に何の変哲もない質問ですよね?
でもこの質問でもあなたの意欲を伝えることができます!
手続き上は集合時間に遅れなければ全く問題ないのに?何で?
面接は誰でも緊張するものです
出来るだけ早く会場に当直して心を落ち着けたい!
そう思えば早く来ると思います

でも、集合時間より1時間も前に来るのでは、受付側のことを考えていないようにもなりますし!
ベスト回答は
「電車の遅延も心配ですし、気持ちを落ち着かせるためにも最寄り駅までは1時間前に到着しました喫茶店で気持ちを整理し、受付会場には20分前に当直しました。」
ですね。
でも、これを読んだ受験者の皆さんが同じ答えをしたのでは、面接官は「誰かの入れ知恵だな?」って思いますから
ちゃんとアレンジしてください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア