2013-02-09(Sat)

面接対策その③「対策の基本」

個別面接も集団面接も基本的に面接カードに沿って質問される内容が中心になります。
従って、面接カードのつくり方が大切になります。
一言で言えば面接カードに自分の言いたいことの「全てを書くな」です!

面接カードでは、面接官に興味を持ってもらい、質問をしてもらい、それに対してバッチリと答えれば印象は良くなります。

もう一つ、面接カードに書いたことは、どんなフレーズを取り上げられて聞かれても「全て答えろ」です。

自己PRについても志望理由についても複数のエピソードを語れるように用意しましょう!

集団面接では受験生同士で直接比較されていることを常に意識してください。
自分の用意した、言いたいことを他の受験生に先に言われてしまっても「前の人と同じです」ではダメです。
せめて、「前の人と同じ考えですが、私の体験からは・・・」と答えるようにすれば、オリジナルな答えになります。

集団討論では、目立てば良いというものではありません。
グループの議論をまとめる過程で、どのように貢献したのか?
議論が逸れそうになった時に、どのように議論を戻したか?
自分の役割を考えて発言しなければなりません。
一番大切なことはグループの意見をまとめることです。
結論を出せなかったグループは全員が不合格になる危険もあります。

プレゼンテーション面接では、実際の市民説明などの状況をイメージし、相手の様子を観察しながら臨機応変にわかってもらおうとする説明を意識してください。
面接官にプレゼン内容をわかってもらう、それには面接官の反応を見ながら対応できなければなりません。

グループワークについては、様々な内容で行われるので、課題の内容に応じた対応が必要ですが、先ずは他のメンバーとの協調性を意識すべきです。

以上が、面接方式ごとの対策の基本です!

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

JUGEMテーマ:就職活動 あなたの自分の人生を左右する「仕事」。 そのための...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア