2013-02-11(Mon)

お役所仕事「年度末の道路工事」に思う

「年度末になると道路工事が急に増える、予算消化のために・・・」こんな声を聞くことがありませんか?
私自身も市民からたびたび言われました。
テレビのニュースキャスターが一言つぶやいただけで、「そうだ!そうだ!」という声が沸騰します。

本当にそうでしょうか?
財政が厳しいといわれているのに?
予算消化のために年度末に余った予算を使って無駄な工事をしているのでしょうか?

現場を庇うわけではありませんが、本当のところはどうなっているのか?

これは自治体の予算が単年度予算であることが原因です。

…どういうこと?
つまり、2012年度予算は2012年3月の議会で可決されて初めて2012年4月から事業執行が可能になります。
そして、基本的にその年度内でしか執行できません。(継続費や繰越明許費、事故繰越などの手続きもありますが、ここでは割愛します)
はっきり言って、これが年度末に工事が多くなってしまう大きな原因です。

道路工事を例にして、もう少し具体的に話しましょう。
予算が成立し、4月1日に予算執行方針が示されます。
ここでは当該年度予算の注意点や執行にあたっての無駄をなくすこと、より効率的な予算執行を職員一人ひとりが精査し執行することなどの方針が示されます。

その後、道路工事を担当するセクションではその年度に行う工事個所、工事内容などを再確認し、
担当チームを決め、大まかなスケジュールを決定し、年間の事業予定を立てます。
その後、それぞれの事業を担当するチームごとに工事の設計に取り掛かります。
2~3か月かけて工事設計が終わると、今度はその工事を発注するために契約手続きに入ります。
この契約手続きもいきなり「○○道路工事会社」にお願いする、という訳にはいきません。
役所の契約は公平性、透明性を保つために、競争入札方式による契約が基本です。
つまり、こういう内容の、こういう規模の工事があります。この工事を受注したい社は工事を請け負うとしたらいくらで契約するのかを入札してもらわなければならないのです。
これにも数か月の期間が必要になります。
契約の公平性、透明性を確保するためには最低限必要なことでもあります。
その後、一番安い金額を入札した会社と契約をするわけです。

急いで事務を進めても、ここまでで半年間くらいは経ってしまいます。

その後に、工事を実施する業者と工事期間などを調整することになるわけですが、同時に、道路工事をするに伴って、上下水道管、ガス管その他の埋設物との調整をします。
「何回も道路を穿り返して無駄な金を使っている」と言われることがないように、関係機関と工事調整し、できるだけ一度に工事を終わらせようとするわけです。
これだけの経過を踏まえて単年度で工事をするわけですから、年度末に工事を行うことになってしまうのが実情です。
公務員受験のみなさんは、現場の実情を知らないニュースキャスターのつぶやきに振り回されないように、実際の工事までの段取りを正しく理解してください。

だから年度末の工事でいいとは考えていません。
例えば、設計を前年度に終わらせ、新年度になってすぐに工事契約の手続きに入ることや、継続費と言って2年間にまたがる予算編成をするような工夫もしてきました。
ちょっと、マニアックな話になりましたが、市役所の実情も正しく理解してあなたなりの考えを持ってくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア