2013-07-21(Sun)

集団討論(補講②)

強調文それではどうするか、実例を踏まえて考えてみましょう!

テーマが「行政の効率化についてグループの考えをまとめなさい」だったとします。
集団討論では最初に3~5分程度のシンキングタイムがあります。
もしもいきなり始めてくださいと言われたら
「最初に各自で3分程度考えましょう」と提案してください。
この提案が無視されることはないでしょう。
あわせて
そして討論時間が60分であれば全体のタイムテーブルも提案しましょう!
最初の15分くらいは各メンバーの意見発表で費やされるでしょうし
現状の意見交換をしてその後、取り上げるべきテーマについて優先順位を確認する。これで10分程度
その後に対策の意見交換これが中心です!
最後にグループとしてのまとめる時間を10分程度確保する。
この程度のざっくりとしたタイムテーブルで良いと思います。

それでは早速始めましょう!
最初の3分間を最大限活用してあなたなりの結論に至るストーリーを作り上げてください。
教養論文とは違ってこの段階であまり緻密に考える必要はありません。
教養論文ではこの設計図がちゃんとできているかが勝負になりますから、
ここに時間をかけることになりますが
集団討論では時間もないし、ここで論文のように設計図をしっかりしてもあまり意味がありません。
従って、本当のアラスジをイメージするだけで十分です。

その次に各自の考えを発表することになります。
ポイントは定義をハッキリさせることよりも、現状を浮き彫りにすることです。
この段階では「現状についての認識」についてだけに留めておいた方が無難です。
ここで対策まで意見発表すると混乱するかもしれません!
各メンバーに現状についての意見を一人ずつ発表してもらいましょう!

=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
講座のご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!
当講座ガイダンスビデオも是非!

購入者限定の「面接対策スペシャルメンバーシップ」では、
受講生から数多くの自己PR、志望動機が投稿されており、
面接対策に関するノウハウや情報であふれています!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア