2013-02-21(Thu)

面接対策その⑤「受験申込み書、面接カードの準備スタート」

2月5日のブログでも書いたように、筆記試験対策の合間でも良いから、今から「スキマ面接対策」を意識してください!

職員採用の案内は多くの受験先で試験日の1~3か月前に公表されます。
その後に受験申込になるわけですが
先ずは情報をちゃんとキャッチすることが必要になります!

受験情報のサイトをお気に入りに入れておくのはもちろん、グーグルのアラート機能も便利ですよね。

前年の試験情報をもとに対策を進めるのも良いのですが、時によっては試験日時や試験内容が変わることもあるので要注意です!
前年は7月だったからまだ大丈夫だ、なんて考えていると、いきなり試験日が5月になっていたりして、大慌てしていた受験生もいっぱいいました。

気が付けばいいのですが、受験できなかったりしたら最悪!

受験申込書も面接カードもエントリーシートも事前に十分に推敲できる準備期間が必要です。
遅くとも3月になったら
取り敢えずは前年の内容を参考にしながら下書きを始めましょう!

受験先が採用情報を公表したらいち早く資料をゲットしましょう!

そして

受験申込書も面接カードもエントリーシートも
先ずは数枚コピーしてください
提出用の用紙は折ったりしないように注意して一時保存してください

コピーした用紙にちゃんと書いてみる
それを何回も推敲して初めて完成品に仕上げることです。

合格者の皆さんに聞くと、下書き以前の段階でも何十枚分も記載内容を推敲しまとめ、
その上でコピーした用紙に下書きし、納得した段階で、初めて提出用の用紙に書く!
このように細心の注意をはらって準備しています。

書く時にはもちろん落ち着いて、精神統一して!

罫線の入っていない空欄に文字で埋めるときには、
罫線を書いた紙を下敷きにして書くことも必要になります。
これは心掛けの部分ですがとても大事なことなのでしっかりと頭に入れてください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア