2013-09-01(Sun)

出身大学が採用試験に影響するか?

昨日に続いて質問に答えます。
暫くは質問解答シリーズになりそうです。
皆さんも何か質問があれば遠慮なくコメントしてください。
今日の質問は「出身大学によって有利不利はあるのか」という質問です。
確かに、国家総合職を見ると技術系を除けばかなり出身大学は限られているように見受けられますが、
それはあくまでも結果です。
国家一般職ではそのような傾向はありませんし、
都道府県や政令市でも特定の大学出身者が多いことはありません。
東京都を見ても所謂六大学出身者が顔をそろえているようなことはなく、
合格者を見ても、歴代の局長・部長さんについても様々な大学出身のようです。
市についても同様です。

実に様々な出身大学の職員が仕事をしています。
そして、民間企業のような「学閥」は存在しません。
安心してください!
採用はもちろん、採用後のキャリアアップについても出身大学ではなくその人のやる気です。
ただ、市内や近隣市にある大学からの受験者は多いことも事実です。

私自身の出身大学もマイナーなところでした。
同期には名門大学出身の仲間もいましたが・・・
問題は出身大学ではなくあなた自身のやる気です!

=================
経験者採用試験向けの講座をリリースしました。
職務経歴論文や教養論文の添削、面接シートの添削指導は回数無制限!で一人一人の経歴に
合った指導を田村一夫が徹底的に行います!
詳しくは、必勝倶楽部公式HPをご覧ください。下の動画も合わせてどうぞ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア