2013-10-30(Wed)

2014年の公務員試験に向けて:面接対策を始める時期②

公務員試験は筆記試験もあり、論文試験もあり、面接試験もあり、確かに大変かもしれません。
しかし、効率的に進める方法はいくらでもあります。
公務員受験予備校に通わなくても!独学でも!
自分のモチベーションを維持できれば!

実際に、会社勤めをしながらでも難易度の高い公務員試験を突破できる人はいくらでもいます。

今年夢を実現できなかった方は
来年も同じ失敗を繰り返さないように気合を入れて頑張るしかないのです!
何回目のチャレンジだから何点分上乗せなんて云う仕組みはありません!

筆記試験で結果を出せなかった人は、先ず筆記試験を突破できるように!
論文試験が上手くいかなかった人は、評価される論文を書けるように!

面接までは進めることはできたけど面接を突破できなかった人は、万全の面接対策に取り組んでください!
先日も必勝倶楽部で「今年の公務員試験で面接対策を甘く考えていた」と投稿した仲間がいました。
その方が反省した通りです。
筆記試験合格発表後では面接シート提出や本番面接まで時間が圧倒的に不足してしまった。
殆どの受験者に共通する反省点だと思います。

その反省を来年繰り返さないようにすればいいのですから、話は簡単!
そのためにも
早い時期から取り組む面接対策を企画しています。
もぅ少しでリリースできますのでお待ちください!


皆さんも遠慮なく質問を送ってください

☆☆☆☆☆
「田村一夫の市役所採用試験面接対策講座」をリリースしました。
9月以降の市役所採用試験は、都道府県庁や特別区、政令市といった大規模な地方自治体の面接試験とは若干異なります。従って、その対策も変わってきます。
講座についての詳細は、必勝倶楽部公式ホームページ
を見てください

必勝倶楽部facebookページ
がオープンしました! 新講座情報や合格体験談、各講師ブログの更新情報など、公務員試験に関するトピックを随時掲載していきます。facebookページ上部の「いいね!」ボタンを押すと、各個人のfacebookのニュースフィード(タイムライン)に更新情報が掲載されますので、最新情報をいち早く入手できます。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

適性検査の怖さ

突然すみません。
性格検査で落ちることはありますか?
市役所の筆記試験に落ち、成績開示をしたところ、学科の順位は1位でした。
なぜ1位なのに落ちているのか聞いたことろ、適性検査と学科を総合的に見ると基準に達していないと言われました。
適性検査は性格検査(数百の質問に、はい、いいえ、どちらでもないのどれかを選ぶ)やクレペリンがありました。

面接や論作文で落ちるなら納得いきますが、性格検査で落ちることはあるのでしょうか?公務員試験で性格検査を理由に落ちるというのは聞いたことがありません。学科でせっかく高得点を取り、面接に進めると思ったのにショックです。

また、性格検査は馬鹿正直に答えないほうがいいのでしょうか?
今回馬鹿正直に答えてこのようになってしまったので、次から理想の公務員像に
合わせたような嘘八百の答え方をしなければならないのか・・・と思っています。

もう1つすみません。性格検査を面接の参考にする場合、性格検査の結果が悪ければ、面接はかなり不利になってしまうのでしょうか?面接官は性格検査で出ている性格に先入観をもってしまうのでしょうか?

いろいろとお尋ねしてすみません。

Re: 適性検査の怖さ

匿名希望さんへ
受験先それぞれの判断で「適性検査」「性格判定」などを行っています。
私自身はそれらのデータよりも生の本人を見ることで合否判定してきましたが、
それぞれの受験先の判断によりますのでブログ上でのコメントは差し控えさせていただきます。
必要であれば
Facebook上で必勝倶楽部⇒田村一夫までメッセージで送ってください。
そのときはもっと細かなデータまでいただけるとコメントがしやすくなります!
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア