2013-12-02(Mon)

直前期では間に合わない:受かる面接シート攻略術その⑦

必勝倶楽部への投稿で以下の内容がありました。

「私は2013年度の受験に際し、面接対策にはかなりの時間を費やしました。と同時に、面接で非常に苦労したことは、話の幅を広げることでした。つまり、「語れる面接ネタ」をどれだけ引出しに用意できるかです。
学生ならば9割9分ほとんど同じような話になってしまい、実際に集団面接をしている最中に「話の中身で差別化が図れないなぁ」と感じたことが多々ありました。」


面接対策のポイントを押さえた投稿だったのでブログで取り上げました。

実際に面接をやっていると、どの受験生も同じような内容の話で、面接官側は内心「またこの話かよ」と思いつつ、表面上は「うんうん、それで」と聞いています。

面接本番では他の受験者と差別化をしてください。
そのためにも早い時期からの面接対策が必要になる訳です。


早い時期であればアルバイトネタでも差別化は可能です。

学生の皆さんのアルバイトは塾講師、コンビニやファーストフード、居酒屋の店員が多いですね。そこでお客さんとのコミュニケーションに・・・
誰でも言えそうです。


私が実際の面接で印象に残ったのは「ごみ収集」「葬祭場」アルバイトでした。

どちらも短期間のアルバイトでしたが、ごみの臭いにまみれながら汗した労働、人生の節目で家族のつながりを再発見したことなどはなかなか語れないエピソードで
面接していても思わず身体を乗り出し聞きたくなりましたね。


その他で印象に残っているのは「農家でのアルバイト」「漁船でのアルバイト」「神社での年末年始のアルバイト」などでしょうか。

皆さんもこの年末には人と違ったアルバイトをしてみてはいかがでしょうか?
年末年始の筆記対策特訓よりも得るものが大きいかも知れませんよ!


この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア