2014-01-14(Tue)

他人にアピールできるような成功体験がない?

「直前期では間に合わない受かる面接シート攻略術」では
自己分析のために
「自分か輝いていた時」のことを整理するワークシートがあります。

受講生の中には
今までの経験で他人にアピールできるような成功体験はない

途方に暮れてしまう人もいます。


スポーツをやっていたけどいつも初戦負け、競技成績は下から数えた方が早い
全くダメなんです

例えばインターハイやインカレで上位入賞した経験があれば
面接官は「それは凄いね」と言ってくれるでしょう
でもそのような人はほんの一握り
逆に
初戦敗退だったから
面接官に「それはダメだね」と言われることもありません

何が大切なのか?
スポーツだけの問題ではなく、
そこに辿り着くまでの道中が大切なのです
結果ではありません

結果は全く冴えなくても
そこまでにあなた自身が努力したことを
しっかりと「語れ」ばいいのです。


「輝いていた時」と云うのは
結果ではありません
その工程の中でどれだけ頑張っていたのか

それが面接官の心を響かせることになるのです!

どんな些細なことでも
あなた自身が誰にも負けない努力をしたことを思い出してください
必ずあります!

ここで気を付けてもらいたいのは
その体験を評価するのはあなたではないのです
面接官が評価するのです
だからこそ
あなたが勝手に「これではダメだろう」等と考えるのは意味がありません


結果で勝負するのではありません
その工程で勝負するのです
さぁ一緒に考えてみましょう!


皆さんも面接対策に関連した質問があれば遠慮なく、
必勝倶楽部に投稿する!
田村ブログにコメントを入れる!
疑問は何時までももやもやさせずに解決しましょう。
質問待っています!


この講座へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア