2014-02-05(Wed)

個性を殺す面接対策

大手受験予備校の面接指導経験で当惑したことは
画一化された面接指導です。
すべて同じとは言いませんが、ある一定のパターンの中での指導に感じました。

これは、私だけではなく
現役の面接官に聞いても同じ印象を持っているようでした。
「最近の受験者は予備校に通っている人が多いけど
面接で質問をすると、同じような答えしかかえってこない。
個性を感じられなくて困る!」

という内容のことを言っていました。

もっと一人ひとりの個性を活かした面接対策が必要だと思っています。
それは予備校講師もわかっているはず
なぜできないのか

ハッキリ言って一人ひとりの個性を活かした面接対策は
受験者の皆さんも講師も大変な労力を必要とします。

だから、講師の皆さんはできるだけ負担を減らすために
過去の合格者をパターン化して
このレベルだったら落ちない
という水準になるまで指導する方法を選択しているのが実態だと思います。

その結果どのようなことが起こるのか

現役面接官が悩むように
面接をしても平均点に集中する傾向が強くなり
合否を決める決定打が少なくなってしまうのです。

私も最終面接官として職員採用に携わってきたときに
例えば、20人の採用者を決めなければならない
「この人はぜひ採用したい」と思う5人程度はすぐに決まります
残りの15人を決めるのが大変で
「この人は採用すべきではない」と思う人を消去法で消してゆき
最後に
「まぁこの人なら何とかなるだろう」と思う人を選んできました。

つまり、予備校のパターン化された面接対策では
「まぁこの人なら何とかなるだろう」レベルの人は指導できても
「この人はぜひ採用したい」レベルの人は指導できない

これが現実の姿だと思いました。

今実施している「直前期では間に合わない 面接シート攻略術」では
受講生一人ひとりの個別指導によって
個性を活かした面接対策を進めています!


『直前期では間に合わない 受かる面接シート攻略術』へのお申し込みは、必勝倶楽部公式HPからどうぞ。



★講義収録動画配信
2月2日(日)実施の『部室』イベント
「合格者座談会+田村講師ミニ講義」



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2月8日さんへ
現在実施している講座は「自己分析」をして、そのうえで「自己PR」と「志望理由」を
明確にしていただくことが中心です。
自分の過去の経験に自信が持てなかったり
自分のストロングポイントが分からなかったり
志望理由や取り組みたい仕事が漠然としている
人にはぜひ受講してもらいたいと思っています。
それらの対策には時間も必要ですし、面接試験直前ではできません
一方4月以降に考えている面接対策講座は
自分なりの芯がある程度できている人に
面接試験でのマナーや話かた
面接シートの記載ポイント
どのような質問がされるのか
などの面接本番をイメージした内容を考えています。
前者の悩みですと実施中の講座を
そこには悩んでいないようでしたら
今後リリースする講座を検討してみてください
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア