2013-03-09(Sat)

面接対策その⑨「自己PRエピソードの発掘」

面接本番で繰り返し聞かれるエピソードをどのようにイメージするのか?

先ずはネタ探しです!

何を話そうか・・・と考えるのは意外と大変ですよ!
それよりも「自分史」作りをお薦めします。

高校生以降に自分の身の回りに起こった様々な出来事、
そこで感じたことを素直に書き綴ってください
これが「自分史」です。
楽しかったこと、満足したこと、
辛かったこと、悲しかったこと、
自信をもてたこと、自信をなくしてしまったこと、
凹んだこと・・・
好い事も悪いことも全てを書き留めてください。

作文にはしなくて結構です。
箇条書きで良いから書き出してください。

「自分史ノート」を一冊準備して始めましょう!
これも一気に書こうとしては出来ません。

以前にも言った「スキマ面接対策」として、ちょっとした空き時間に気分転換を兼ねてやってみてください。

その「自分史ノート」はエピソードの宝庫になっているはずです。
繰り返しますけど、自分が面接で語りたいことだけをフィルターをかけて書き出すのではなく、
全てを曝け出す事がポイントです。

そして書き出してから1週間位して読み返してください。

絶対に様々なエピソードがあるはずです。

そこから
自分の長所短所
今までの経験で培ってきたこと
面接シートで書かなければならない項目の大部分に関連するはずです。

それらを項目ごとに切り取り、補足すれば

あなたにしか語れないエピソードが見つかるはずです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア