2014-04-03(Thu)

なぜ公務員を目指すのか

「直前期では間に合わない 受かる面接シート攻略術」ワークシートから
今回は「なぜ公務員を目指すのか」を考えるシートについて書いてみます。

本番面接で
「ところであなたはなぜ公務員を目指そうと思ったの?」
「大学の友人は殆ど民間へ就職したんじゃないの?」
「そもそも公務員試験は受験勉強大変なのにさ?」

と聞かれた。

さぁあなたは何と答えますか?

「公務員として公平な立場で仕事をしたくない」
「民間企業のように営利目的では働きたくない」
「受験勉強は大変だったけど、自分には向いていると思ったから」


これらの内容ではだれでもいえることです
このような答えでは面接官の心には響きません!
面接官の心にヒットするような理由を言いたいものです。

例えば
「民間のサービスがなければ我々の日常生活は成り立たない
だからこそ民間活動を支える公務員としての仕事に興味を持っている」
「確かに民間企業で働いている人の方が圧倒的に多いが
自分は国や地域を支えるような仕事に興味を持っている」
「公務員試験は大変だが、それを乗り越えられれば、
実力で自らの道を切り開ける公務員としてスタートできると思う」


このような答えが返ってくれば
面接官はあなたに興味を持つでしょう!

そのためにワークシートで用意したことは
民間就活をしている友人と話して感じる違い
民間で興味ある分野を研究することにより公務員だからこそできる仕事をイメージ
民間との違いを浮き彫りにする
子どもの頃に夢見た職業が何だったかを思い出す

これらから公務員の使命を考えるようにしてあります。


ありきたりの志望理由にならないように
何故公務員を目指しているのか
自分の言葉で考えてください!


★講義収録動画配信
2月2日(日)実施の『部室』イベント
「合格者座談会+田村講師ミニ講義」


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア