2014-04-16(Wed)

神奈川チャレンジ早期枠面接内容③

2日目の面接は集団討論終了後
幹部職員による個別面接が実施されます。


≪個別面接の内容≫

幹部4人による個人面接を約30分実施。

①5分間の自己PRのプレゼンテーション
・5分経った時点で声をかけ終了させる旨を伝えられたので、時間制限内で構成をきちんと練るべき。
・自己PRで話した内容やホワイトボードに書いた内容にも面接の中でつっこまれるので、
 内容やホワイトボードに書く内容もきちんと練るべき。
・受験案内にはホワイトボードを用いて自己PRと書いてあったが実際には黒板を使う部屋もあり、
 チョークを使って文字を書く想定もした方がよい。

②質問の内容
(1)比較的若い職員
 ・集団討論は緊張したか?うまく出来たか?
 ・何故公務員になりたいと思ったの?
 ・神奈川県を何故志望したか?
 ・併願先はどこか?
 など
(2)ベテラン職員
 ・地元でもなく大学も東京なのに何故神奈川県を志望したか?
 ・神奈川県の魅力とは?
 ・神奈川県の弱点は?
 ・自己PRの内容をより具体的に教えて。
 ・自己PRで話した強みを県職員としてどう活かせるか?
 など
(3)ベテラン職員
 ・「幅の広い業務に携わりたい」とのことだけど、それなら地方公務員ならどこでも可能じゃない?
 ・アルバイトの接客で何か他の人とは違う事で具体的に実践したことはあるの?
 など
(4)ベテラン職員(一番の上位職と思わる)
 ・神奈川県を志望した理由をもう一度教えて。
 ・他の自治体と比べた時の神奈川県の魅力ってどういうこと?
 ・今までの人生で一番迷った事は?
 ・友達はいる?友達はあなたのことなんて言っている?
 ・現在健康状態はどうか?
 など


≪対策≫

・質問は二次試験1日目で記入する受験票の内容に関する質問のようです。
・面接官が複数名いて、同じ趣旨の質問を繰り返し聞かれることが多いようなので、
 質問が終わった後でも、同じ内容について聞かれるので注意が必要。
・具体的なエピソードや取り組みについて聞かれることが多いようなので、
 エピソードを多数用意するように注意してください。
・地元が神奈川県ではない人には特に「何故神奈川県なのか?」という質問が多くされるようです。
 中には、神奈川県の魅力を重ねて3回聞かれた人もいたようです。


さぁ頑張って乗り越えましょう!




**************************************************
動画再生回数累計60万回突破!感謝セール
《期間限定特別価格》最大21,000円OFF!
**************************************************
4/18(金)19:00〜4/20(日)23:59
http://hissho-club.com/news20140417/


★公務員試験必勝倶楽部の面接対策講座★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★吉井井講師の『スーパー面接対策』 発売中
 http://hissho-club.com/movies/super-mensetsu/
★続いて4/25(金)前多摩市副市長・最終面接官 田村講師の『本気で受かる面接対策』 発売
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
必勝倶楽部の面接対策は、究極の攻略法を考え抜いてつくられています。二人のカリスマ講師・吉井英二と田村一夫が最強タッグを組み、<理論構築>を吉井講師の『スーパー面接対策』で修得し、<実戦訓練>を田村講師の『本気で受かる面接対策』で確かなものにしていきます。必勝倶楽部は、これまでには考えられなかった最高の指導体制で、あなたの面接突破・最終合格を万全にサポートします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

面接対策について。

本気で受かる面接対策について質問です。

私は、東京消防庁をはじめとする、消防官試験を受ける予定です。
そこで、この講座は、
消防官の面接にも対応していますか?

また、今まで、同じような受講生を扱ったことはありますでしょうか?
ご教授願います。

Re: 面接対策について。

とかげさんへ
消防官試験の面接対策も基本的な部分は変わりません
過去に消防・警察に合格した人の応援もしてきました
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア