2014-04-29(Tue)

こんな公務員・管理職がいてもいいでしょ

私が管理職になったのは多摩市に入庁して11年目の33歳の時でした。

多摩市では当時から試験制度でしたから
やる気さえあれば若手登用もあったのです。

最初の仕事は「防災担当副参事」でした。
今でこそ「防災対策」はどの自治体でも充実していますが
当時(1984年/昭和59年)は各自治体が策定する「地域防災計画」と言っても
台風などの風水害が中心で
地震対策については国の考え方をブレイクダウンしたもので
どの自治体も似たり寄ったりの内容でした。


着任して「地域防災計画」を読み込んだけれど、
非常時に職員全員が災害対策にあたる計画で

土日や夜間に災害が発生した時にはどのように行動できるのか?
災害発生時には通常の役所業務を一切しなくて良いのか?
関係機関との連携は本当に上手く機能するのか?


疑問に思いました。

しかし
本気で実効性のある計画に改定するには
庁内の管理職全員の納得都協力がなければできません!
警察消防だけではなく
電気・ガス・通信事業者、鉄道事業者、医師会、歯科医師会、薬剤師会
などなど様々な機関の応援を求まなければならない

担当者としてはまったく自信を持てない内容でした。

でも、担当課長として何とかしなければ

それには多摩市の政策の中で「防災対策」を核に位置付ける必要がある!

そこで、無謀にもこんなことをしました。
これが良い例かどうかはわかりませんが
こんな公務員もいたということです。


当時の市長は2期目で意欲的に政策を実行している親分肌の人でした。
この市長に直接談判して「多摩市なりの防災対策を充実させよう」と考え
市長、担当部長の日程を確保してもらい
夜寿司屋で担当課長主催の懇親会開催・・・

そこで防災対策充実のために考えた
「田村プログラム」を説明させてもらいました。

その場で誕生したのが「多摩市防災元年構想」でした。
おかげさまで昭和62年を「多摩市防災元年」として
他自治体にはない災害対策の取り組みを進めることが出来ました。


その年の市長選挙も圧勝
その市長は5期務めあげ
多摩市の基盤づくりに絶大な成果を上げていただきました。

今から考えると、当時は無謀なことをしたなと思いますが
これも与えられた仕事を全うするうえで
必死に考えた作戦が見事成功したと自分では密かに思っています!
素晴らしい市長に出会えたとことに感謝しています!


さて
そんな私が実際に最終面接官として採用者を決めてきた
面接官の視点に立った面接対策が
田村一夫の 本気で受かる面接対策」です。
東京都、東京特別区の筆記試験直前ですが
面接対策に力を入れてください!




================================
★公務員試験必勝倶楽部の面接対策講座★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★4/29(火)23:59まで¥4,500 OFF
 前多摩市副市長・最終面接官 田村講師の『本気で受かる面接対策』
 http://hissho-club.com/movies/honki-mensetsu/
★吉井講師の『スーパー面接対策』 発売中
 http://hissho-club.com/movies/super-mensetsu/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
必勝倶楽部の面接対策は、究極の攻略法を考え抜いてつくられています。二人のカリスマ講師・吉井英二と田村一夫が最強タッグを組み、<理論構築>を吉井講師の『スーパー面接対策』で修得し、<実戦訓練>を田村講師の『本気で受かる面接対策』で確かなものにしていきます。必勝倶楽部は、これまでには考えられなかった最高の指導体制で、あなたの面接突破・最終合格を万全にサポートします。
================================
『最短1日で完成 ここが危ない 絶対の時事』
http://hissho-club.com/movies/jiji/
最後のひと押し応援価格¥4,200(税込・送料込)
★絶対落とせない時事ネタを厳選
★最短1日で完成!だから試験前日でも間に合う
★各テーマがサクッと頭に入る超シンプル解説
================================


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア