2013-01-24(Thu)

さらに自己PR

前回も書きましたが、公務員受験業界では実際の人事を経験した講師がいない! 私的にはビックリしてしまいました。

じゃ予備校の指導は合格者から面接内容を聞き取って、それを積み重ねて作り上げた対策なんだなぁ、だから、現場で採用面接をしていて、「いかにも予備校で教えられた通りに話しているけど、面接官との会話になっていないよなぁ」なんて違和感を持っていたのも理解できた気がします。

時間がないこともあるのだと思いますが、急ごしらえで「似通った自己PR、志望理由・・・」これでも精一杯やってきたんだ・・・

大変な努力だと思いますが、現場を知らない限界を先生方も感じているようです。

実際に面接官を担当していない講師の先生方が「こうなんじゃないかな?」と思って苦労して組み立てた面接対策、それにももちろん敬意を表します。とっても素晴らしい熱血の指導をしていただける先生もいます。話をすると私も参考になることがいっぱいあります。

でも実際の面接官はそんな見方してないよ、なんて思うこともありました。

私にできることは、実際の面接官がどんなところに着目して、どんな評価をしているのかをお伝えすることですね。
つまり「こうだろう?面接対策」ではない「こうなんです面接対策」です。

これからも、皆さんの夢を実現するために、そして「公務員職場に使える若者を送り込みたい」という私の夢の実現のためにも!

頑張りまっせ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア