2014-08-24(Sun)

都市近郊でも地元出身者しか採用しない自治体はあるか?

このような相談は毎年あります。

結論から言えば
受験生の出身地で採用を決めるのではなく
試験結果による
能力評定です!


地元出身者だから優遇するということはありません。

しかし
東日本大震災以降の特徴として
採用された場合はどこに居住するかを聞かれるケースが多いようで
自治体によっては
採用された場合は
市内に居住することを条件として
募集要項に明記している自治体もあります。


やはり
通勤に公共交通機関で片道2時間もかかるのでは
時間外勤務も無理させられませんし
まして
災害時に公共交通機関がストップした時には
歩きで登庁するようになりますから
半日以内に登庁できる距離に居住してもらうことが
自治体側としては望ましいと考えると思います

そのため
居住意向も確認しているのだと思われます。

私が言える範囲では
少なくとも東京都内の自治体で
地元出身者を優遇して採用する
その様なことはないと思います。


しかし
自治体によっては
教養試験の中で
所謂地元ネタを出題しているところもありますので
その対策もしっかりしておきましょう!

***************************************************
★【完全個別指導/定員制】田村一夫の市役所採用試験 面接対策講座(NEW!)
 http://hissho-club.com/shiyakusho-mensetsu/
★【完全個別指導/定員制】田村一夫の経験者採用試験2014論文&面接講座 (NEW!)   
 http://hissho-club.com/keikensha-mensetsu/
***************************************************
★Amazon公務員試験書籍ランキング第1位獲得★
 『吉井英二の 公務員試験 スーパー面接対策』  
 http://hissho-club.com/movies/super-mensetsu/
***************************************************
★前多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の『オンライン模擬面接』
 http://hissho-club.com/line-mensetsu/
*****************************************************

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

30を越えて市役所新卒枠を受ける場合、職歴がある場合はその経験をPRや志望動機で語っていくことになると思われますが、リーダー、部下を持った経験がありません。新卒枠でも30越えて職歴ある場合受験生に求められるレベルは市役所係長クラスの経験や能力になりますか?

Re: タイトルなし

天津さんへ

来年の受験ということ、コミュニケーションに自信がないということであれば
現時点では積極的に友人関係を拡げてください
交流の輪を広げることが
コミュニケーションに関して自信をつける第一歩です
先ずはそのことに集中して
毎月10人の友人をつくるくらいの気持ちで
その倍以上の人に話しかけてみてください
現在準備を進めていますが
来年の面接対策に向けてワークシート方式で自己分析を徹底する講座も
今年の11月頃から始める予定です
必勝倶楽部等で今後告知しますので
参考にしていただければと思います

Re: タイトルなし

坂之上さんへ

経験者枠の採用でない限り
係長としての経験や能力が求められるわけではありません

ブログでも一般化してコメントしますので
少々お待ちください

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ABCさんへ

確認ですが
受験先は大学卒業を要件にしていないということでよろしいですか?
以下その前提で回答します
①社会人向けにフレックス制で講義を行っている大学もありますが
 通学している大学にはそのような制度も編入制度もありませんか
 あるとすれば
 公務員として勤めながら大学を卒業する方法もあります
②そのつもりがなければ「中退予定」「中退」とすることになります。

4年間を無駄にしないという姿勢は①であれば示せるのですが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ABCさんへ
その条件であれば前回の回答で変更ありません。

連続の受験になったとしても
①ケース…1次試験で×⇒採用者側は翌年の試験時に調査はしないと思います。
 面接時に「過去の受験歴」を聞かれることはありますが、事実を話せば全く問題ありません。
②ケース…最終面接まで言って×⇒さすがに記憶に残っていると思いますので確認されると思います。
 その場合も事実を伝え、その自治体に入りたい理由を説明すれば問題ありません。

後段もその内容で問題ありません

頑張ってください
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア