2014-09-16(Tue)

市の面接と論作文の関係

9月21日の1次試験に向けて
みなさん筆記対策の最終確認に余念がないと思います!
何としてでも1次の筆記試験を乗り越えてください。
私のブログでは引き続き皆さんの面接対策を応援します。


今回は1次試験も関連する面接対策に触れておきます。

1次試験で論作文試験が行われますが
それは面接の質問にも関連しますので
論作文試験が終わったら
どのような内容で書いたのかを必ずメモしておいてください!

最終面接になると対象者数も限定されてきますので
論作文で何を書いたかを聞かれることが良くあります
私自身も最終面接に残った受験者の論作文は必ず読み
その中で興味を持った部分は直接聞いていました
しかし
その時に書いた内容を全く忘れてしまい
堪えられない人もときどき見かけます

ちょっとガッカリです
せめて論作文の論旨は答えられるようにしておきましょう!
これは論作文の評価とは別に
純粋に面接として論作文内容も使っているということです。

それでは論作文の評価はどのようにして行われているのか
気になるところかもしれませんので
参考例を
チェックする項目は
表現力…文章表現が正確か?誤字脱字がないか?
文書構成力…文書構成が適切か?
問題意識…課題出題の意図を捉えているか?
内容…その具体的な解決策が提示されているか?
独創性…行政マンとしての意欲がうかがえるか?

などの項目にそれぞれ配点し
計100点にして評価しています

これらは自治体によって異なりますので
あくまでも一つの例にすぎません!

市役所受験に関して疑問点などがあれば遠慮なく投稿してください!

***************************************************
★【完全個別指導/定員制】田村一夫の市役所採用試験 面接対策講座(NEW!)
 http://hissho-club.com/shiyakusho-mensetsu/
★【完全個別指導/定員制】田村一夫の経験者採用試験2014論文&面接講座 (NEW!)   
 http://hissho-club.com/keikensha-mensetsu/
***************************************************
★Amazon公務員試験書籍ランキング第1位獲得★
 『吉井英二の 公務員試験 スーパー面接対策』  
 http://hissho-club.com/movies/super-mensetsu/
***************************************************
★前多摩市副市長・最終面接官 田村一夫の『オンライン模擬面接』
 http://hissho-club.com/line-mensetsu/
*****************************************************

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

志望動機

志望動機について教えてください。
先生は常々その市町村の独自の政策とかに着目し志望動機と絡めるとよいのではとういお話をされているかとおもうのですが、どの程度の独自性で採用の方々は納得していただけるのでしょうか。
たとえば
○○市の(独自の)政策に共感したため○○市を志望しました。というような志望動機のながれが一般的だと思われますが

なかなか本当にその市町村独自で全国でそこしかやっていない政策など皆無に等しいと思っております。よくあるのは「中学生まで当町では医療費無料です」などといっても探せばそのような政策やっている市町村たくさんありますし、そうなると○○の政策に共感しという台詞は他の市町村でも通じてしまう志望理由でありその市町村でなくてはだめだという理由にはならないのではないかと考えてしまいます。
いじわるな面接官ですとその政策はほかの市でもやっているよ。だから志望理由になってない。などといわれたり、いわれなくても加点が見込めない志望理由になってしまわないかと疑問に思っております。

田村先生はいかがおかんがえでしょうか?

Re: 志望動機


itagawaさんへ

志望理由で一番注意しなければならないことは
○○市を△△市に変えてもそのまま通用してしまう内容です。
それでは○○市の志望理由にはなりません。
確かに特定の政策を挙げて差別化することは
同様の政策を行っている自治体がありますから難しいことだと思います。
少なくとも
○○市がその政策を取り上げた背景(これは自治体によって様々だと思います)や
その政策立案までの取り組み方
また、実施に当たっての考え方
等について
あなた自身が共感したうえで
あるいは(再質問時に)
あなたなら「このように取り組みたい」と考えている
ことを話せるようにしておき
そこに魅力を感じたことを「語る」ことができれば
オリジナルな志望理由になると思います!
つまり
あなたが興味を持った政策について
掘り下げて考えればヒントがあならずあります!

頑張ってください
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア