2014-12-09(Tue)

早い時期から面接対策に取り組む重要性



今回のブログは
「新12段階ワークシート方式 受かる面接シート攻略講座」
を早い時期から取り組めるようにした理由について触れます。

面接対策は
「自己PR」「志望理由」が中心になりますが
表面上で取り繕ったような内容では
面接官の興味を引き寄せることはできません。


私も多摩市副市長として最終面接を担当してきた時に
つくづく感じることでした。
「どれも個性がなく同じような内容」
「ちょっと突っ込んだ質問をすると答えられない」
「的外れなことを喋りだす」

これでは面接官側は
ため息を隠しながら面接をすることになります。

表面的な内容ではオリジナル性が出ないからです!

表面上ではなく内面まで掘り下げた面接対策は
絶対に時間が必要です!


今日考えて「これで行こうと」思った内容も
数日間経って考えると「う~ん、これではちょっと」
と思うことはあるはずです。
それが本番面接直前だったら
混乱状態のままで面接に突入しなければなりません。

これでは自信に溢れた面接ができる訳ありません!

公務員試験で面接対策が重要視されていることをもう一度確認してください。
面接試験の配点です
国家公務員の人事院試験では2/9です
しかし、実際の内定を確保するための官庁訪問では100%面接がカギになります。
神奈川県では教養・専門・論文試験と同じ300点の配点
千葉県では教養・専門・論文試験の配点が400点ですが面接の配点は600点
横浜市の三次試験では教養・論文の配点が30点に対して面接の配点は660点
等となっており
面接試験の配点からも面接重視は明らかです。

また
面接試験の倍率も
東京都や東京特別区のように2倍を切るところもありますが
全国的に見てみると
道府県で2~3倍程度、政令市で2~5倍程度、市町村では6倍程度だと思われます。
しかし
東京都や東京特別区の面接倍率が低いと云っても
2人に1人は落ちているということです


あなたが勝ち組に入れるか負け組になってしまうのかは
面接対策にあります!


***************************************************
12月14日(日)20時発売予定 発売開始4時間だけのスペシャル特典あります!
★元最終面接官・田村一夫の受かる面接シート攻略講座【完全個別指導】
 合格者レビューはこちら⇒
  http://hissho-club.com/review/#ukaru-mensetsu
 お申込み・講座詳細はこちら⇒
  http://hissho-club.com/ukaru-mensetsu2015/
*****************************************************

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

やまださんへ

「新12段階ワークシート方式 受かる面接シート攻略講座」では
友人関係や今まで頑張ってきたこと、困難を乗り越えてきた経験
等を基に自己分析し「自己PR」「志望理由」をまとめていく講座です。
その中でも触れるようになると思いますし
個別質問も受け付ける様に考えています。
こちらを参考に「目次」でも全体像はわかると思います。
http://hissho-club.com/ukaru-mensetsu2015/
検討してください。
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア