2015-03-27(Fri)

4月に入庁する人の心構えその2



前回のブログで社会人としてのマナーのさわりについて触れてみました。
ご隠居さんの小言のつもりだったのですが
意外と好評だったようなので第二弾です
私の経験から、新人の心構えをいくつか書いてみます。

1つ目は「メモ」を取ることです。
皆さん新人公務員として職場に配属されます。
その時には周りは全部先輩あるいは上司です。
先輩から教えてもらうとき
上司から仕事の支持を受けるとき
必ずメモを取りながら聞いてください。
何回言っても同じ間違いを繰り返す新人も中にはいます
最初のうちは「まぁ緊張しているししょうがないか」と言ってくれるかもしれませんが
そのうち相手にされなくなったら、その時点であなたの公務員人生は終わりです。
必ずメモを取って
教わった内容や指示を忘れないようにしましょう!


2つ目は「スケジュール管理」です。
職場に配属されて
毎日決まった仕事をする場合も「スケジュール確認」は重要です。
指示された仕事が午前中までなのか
1日かけて終わらせればよいのか
確認しておかないと場合によっては取り返しのつかないことになるかもしれません。
例え、それが会議資料の単純な製本作業だとしても
会議に間に合わなければ「困った新人だな」と評価されてしまいます。

早めに出勤して
スケジュールを確認して
それを書き出し机の目立つところに置き
「見える化」する癖をつけてください。

3つ目は「言葉づかい」です。
先日も電車の中でサラリーマンと思しき2人が話をしていて
若い方の人が
「マジっすか」「ヤバくないっすか」を連発していました。
友達同士の会話なら許されるのかもしれませんが
先輩と思しき人も何も注意をしなかったのでかえって気になりました
どんなに仲良くなったとしても先輩は「目上の人」です。
言葉遣いに注意してください。


また、よくありがちなのは
先輩に「ご苦労様でした」というケースです。
使っている本人は
敬語として使っているようですが、これは使い方が間違っています。
目上の人が後輩に「ご苦労様」というのはありですが
後輩が先輩に使うときは「お疲れ様でした」です。
同じように
職場で使う「あやまり言葉」についても
ごめんなさい<すみません<申し訳ございません
それぞれ使うTPOがありますから
も使い方を間違えないようにしてください。

今からでも遅くはありません
ビジネスマナーの本でも1冊買って読んでおくことをお勧めします。

*****************************************************
★Amazon公務員試験W部門同時第1位!
『田村一夫の受かる面接シート攻略講座』
http://hissho-club.com/ukaru-mensetsu2015/
★3年連続Amazon公務員試験第1位!
『吉井英二のスーパー教養論文講座』
http://hissho-club.com/movies/kyouyou-ronbun2015/
★数的学習のバイブル。合格者大絶賛!
『柴崎直孝の必勝倍速マスター数的処理講座』
http://hissho-club.com/movies/suutekishori2015/
………………………………………………


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 「~以上です」という文言について質問があります。
>
> 志望動機や自己PRを述べる際、「~~~のため志望しました。」と
> いう機会があると思いますが、最後に「~~~のため志望しました。『以上です』」と
> 最後に「以上です」と付け加えた方が良いと思いますか?

➡面接シートなどの記載で余白がある場合には「以上」で〆ても良いと思います。
しかし
面接のやり取りで「以上です」と言うのは適切とは思いません。
普通の会話で「以上です」とは言いませんよね
面接は面接官の口頭試問ではありません
面接官とあなたの会話であることを意識してください。
従って「以上です」と言って発言を終わることは避けるべきと考えます。
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア