2015-05-14(Thu)

都道府県面接試験の特徴③



愛知県
行政Ⅰは1次試験の合格発表の10日後に
まず論文試験が行われ
その際に試験会場で「面接カード」を記載することが特徴です。
また
行政Ⅱでは集団討論も行われます。
集団討論の課題は試験当日に提示されます。

京都府
1次試験当日に「面接カード」を持参することになりますが
面接カードの内容は自分自身を
「体力に自信がありチャレンジ精神旺盛なタイプ」など
例示された3タイプから選び
具体例を挙げてアピールする項目
クラブ活動、社会貢献活動、資格、特技などについて記載する項目
があり
記載するボリュームはかなりあります。

1次試験で集団面接があり
口述試験に進める合格者が発表されてから1週間後から行われます。
2次試験は8月1日から始められ
個別面接2回と集団討論が行われます。
なお
行政ⅠBは1次試験で「自己アピール試験」があり
「アピール型個別面接」が行われる点が特徴的です。

大阪府行政22-25の1次試験は6月7日に行われます。
1次試験会場でエントリーシートを書くことになります。
エントリーシートの内容は年度によって異なりますが
①志望理由
②府職員として活かすことができる能力などの自己アピール
③過去の経験で培ってきた能力

などになります。
2次試験の論文が6月28日行われ10日後から
2次試験の個別面接が始まります。
3次試験では個別面接とグループワークが行われます。
グループワークは
県職員として実際の事業を行うためにどうすればよいのか
といった内容で行われています。
エントリーシートを試験会場で書くこととともに特徴があります。


奈良県
7月3日に口述試験受験者が発表され
10日後から1次試験の集団面接試験行われます。
2次試験は個別面接と集団討論ですが
1次試験合格発表の5日後から始まるので準備期間がありません。
集団面接が行われる点と面接対策期間が少ないことが特徴になります。

受験先の面接試験の特徴を把握したうえで
時間の余裕をもって面接対策を進めてください。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
Amazonランキング1位! 元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu
*****************************************************



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア