2013-04-09(Tue)

面接対策その⑪「さりげない質問にもそれぞれ意図がある」

面接官は少ない時間で色々な角度から受験生を見極めなければなりません。

だから、導入部のさりげないリラックス質問にも実は意図があるのです。

リラックスさせながらも見るところはしっかりと!

例えば、「この面接会場まで自宅からどの位かかるの?」
こんな質問でも、短い時間で端的に説明できるか
ルートを思い出しながら
「JRにのって何駅で乗り換えて、最寄り何駅まで来て、会場までは歩いてきました。大体1時間半くらいかかりました」なんてダラダラしゃべっていると

『この受験生は自分の考えを的確に第三者に伝えることが不得意なタイプかも知れない』
と思われてしまいます。

通勤経路の確認じゃありませんから
「自宅を出て、自転車で最寄りの駅までそこから電車でこの会場まで1時間半かかりました。」
この説明で十分だと思いませんか?
「大体何時間くらいかかりました」ではなく
「自宅から会場まで1時間半かかりました」の方が引き締まった答えになりますよね!
次の質問
「朝ごはんは何食べてきたの?」
「時間がなくて朝ごはんは食べていません」
「いつも朝ごはんを食べないの?」
「そうですね、食べない時の方が多いですね」
役所に入って8時半から仕事を始めるのに『朝食も取らないような生活じゃ仕事に集中できないかも?』

また、「休みの日は何しているの?」
これは意外と大切な質問項目なんです。
「休日ですかぁ、午前中はゆっくり寝ていて、午後からはテレビやDVDを観たり、音楽を聴いたりしながら、のんびりしています。」
社会人経験や一見ひ弱に見える人は特に気を付けてくださいね!
『この人は外で活発に行動する人ではなさそうだし、体力や健康面でどうなのかな?』
不要な心配もしてしまいます。
別にスポーツジムで筋トレをしなくてもいいですから、休みの日でも外に出て活動している。あるいは、身体を動かすことが好きだ、普段から健康管理に努めていて、近所を散歩したりジョギングしていることを意識して話してください。

意外とこんな些細なことが最終の合否に影響します!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア