2015-06-14(Sun)

地方上級試験を2週間後に控え



今日は国家一般職の1次試験お疲れ様でした。
公務員試験の前半最後の山場である
地方上級試験もいよいよ2週間後に迫ってきました。

申込段階で志望理由や自己PRを求めている自治体も多いので
皆さんそれなりに対策をしてきたとは思いますが
これから1次試験が始まる自治体でも
十分な面接対策が必要になります。


都道府県レベルの1次試験でも
京都府では集団面接が行われます。
また、試験当日に「面接カード」を持参しなければなりません。
新設された行政ⅠBでは
「自己アピール」試験が課されます。
兵庫県では試験当日に「自己PR」カードの提出が求められます。
鹿児島県では「PR論文」試験が課されます。

政令市の1次試験でも
札幌市では「面接シート」作成が必要です。
新潟市では「エントリーシート」を持参します。
川崎市や千葉市では1次試験で「個別面談」が行われます。
静岡市では試験当日に「面接シート」記載があり
加えて「集団面接」も行われます。
大阪市の1次試験は「エントリーシート」作成が中心です。
堺市では集団面接が行われます。
北九州市では試験会場で「面接カード」を書かなければなりません。

このように最近は
筆記試験と面接試験の境がなくなっており
筆記試験が終わってから
面接試験対策では間に合わないことになります。

それぞれの自治体を受験する皆さんは
くれぐれも面接対策を
後回しにするようなことは避けてください。


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア