2013-04-03(Wed)

就活解禁 大学4年4月

4月1日読売新聞の朝刊でこんな記事が一面トップに出ていました。
読んだ方も多いと思います。

公務員志望であっても民間併願お勧め派の私としてはチョット???
併願が難しくなるかも?困ります?

何故かというと、公務員試験だけを受験する人にありがちなのは「志望理由曖昧タイプ」
と感じていたからです。

民間企業だとなんとなく競争が厳しそうだし、
サービス残業も多くて自分自身の時間が取れそうもない。
公務員の方が楽そうだだし・・・

こんな人が公務員になっても自ら進んで問題解決するような人材には思えないです。

最初から、自分の趣味活動を続けたいから時間が比較的自由になりそうな公務員が良い
そう考える受験生を見極めるのが面接官の役割でもあります。

民間でも十分に戦える受験生がいるのか探しているのです。

だから、民間でも貢献できることはいっぱいあり、魅力がある。
民間企業の内定ももらっています!
だけど、
「30年以上の長いスパンでの仕事を考えた時に、公務員として働くことに意義があるし、魅力を感じています。」
せめてこのくらいの意気込みの人が欲しいと思って最終面接の臨んでいました!

そこで今回の記事を読むと
会社説明会や書類選考などを4月から行い、
面接などの選考は8月から開始するように政府が経済界に要請する方向で検討に入った。
従来は12月から会社説明会や書類選考を行っていたのを4が月遅らせることのようです。
大学での授業や海外留学との関係、秋入学との関係もあるのだと思います。
詳しくは記事を読んでください。

でもそうすると、公務員受験との併願が相当難しくなると思う?
もしかしたら、公務員試験の実施時期にも影響が出てくるのかも?
ちょっと先行きが心配ですね?

皆さんも、今後の動向に注目していてください!

繰り返します

私は公務員と民間受験の併願推進派です!

民間受験から逃げてきた公務員はいらない。

民間を受験しなくても、公務員として何をしたいのかを熱く語ってくれる人大歓迎です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア