2015-06-25(Thu)

自己PRの注意点



面接対策の指導をしていると
「自己PR」と「自己紹介」を混同している人が多いのに驚きます。

以下の文章で考えてみてください。
「私は大学のテニスサークルに所属しました。
中学から続けてきたこともあり
サークル内では技術指導を担当しました。
厳しい内容の指導でしたが
メンバーが一生懸命についてきてくれたので
大学対抗の試合で5年ぶりに優勝することができました。」
このような内容で約300字書かれており
最初に読んだ時には小中学生の作文だな
という印象でした。
つまり
自分の周りの出来事を主観的に自己紹介しているだけだったのです。

メールを通じての何回か添削をすることにより
以下のような「自己PR」が完成しました。
私の強みは仲間の意識を向上させるリーダーシップ力です。
テニス経験が長かった私は大学のテニスサークルで
メンバーの技術向上を任されました。
メンバーのテニス経験も様々だったので
それぞれのチームに分けて
メンバーがついてきやすい様に
お互いが切磋琢磨できるような工夫をしました。

それらの結果
5年ぶりに大学対抗の試合でチーム優勝することができ
メンバーからは
○○がいてくれたおかげだと
一緒に喜びを感じることができました。

この経験でチーム全員が同じ目的に向かって
力を結集するためのノウハウや達成感を得ることができ
自分の強みとして組織に貢献できました。」

このような内容で約300字になりました。

比べてもらってどの様に感じますか
添削後は
自分のアピールポイントをしっかりと認識し
それを強調し
具体的なエピソードにも触れ
経験で身に着けてきたことを表現できています。

これで「自己PR」内容になっています。

この合格者の話では
実際の面接でも
面接官はこの「自己PR」を読んで
興味深く質問してくれたので
自信をもって話すことができましたと手ごたえを感じ

もちろん
最終的には第一志望の合格切符を手に入れています。

皆さんも
自己紹介ではなく「自己PR」になっているか
再チェックしてください。

*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア