2015-07-06(Mon)

志望理由の注意点



面接対策の指導をしていると
志望理由がはっきりしない人が多いのに驚きます。
今回も東京都合格者
実際の添削例を挙げますので一緒に確認しましょう。

添削前の志望理由は以下の内容でした。

「私は、日本の素晴らしい文化を伝えたいという思いから
観光政策に携わりたく公務員を志望しました。
中でも、東京都は
様々な観光資源を有しているほか
国際空港、交通機関が充実していることから
世界一の観光都市になることができると思っています。
私は
「東京都が世界一の観光都市になるための一翼を担う」
という大きな夢を持って働きたく
東京都を志望しました。」

内容としては悪くないと思ったのですが
なぜ東京都なのかが
様々な観光資源、国際空港、交通機関の充実
しか明らかにされていない
ので
東京都以外でも使えるような印象を受けました。
メールを通じての何回か添削をすることにより
以下のような「志望理由」が完成しました。

「私は、東京の文化・街並みが好きで、
外国人と接する中でも
東京は世界に誇れる都市であると実感しています。
しかし、以前外国人観光客にアンケートを行った際、
東京の受入環境に不満を持っている方もいらっしゃいました。
東京都には江戸文化や下町文化とものづくり産業
多摩地区には都市農業だけではなく企業と技術研究機関
奥多摩や島しょ地域に残されている雄大な自然
など様々な魅力があります。
このような潜在的な魅力をつなぎ合わせて
観光客の定着には都の魅力を発信するとともに、
不満の解決を図ることも重要であると考えています。
魅力発信と受入環境の双方の充実を総合的に行えるのは東京都であり、
私も都職員として
「世界有数の観光都市の実現」に貢献したいと考え、志望致しました。」

比べてもらってどの様に感じますか
添削後は
東京都の持つ魅力がはっきりし
総合的な観光政策を行える立場である東京都の役割
など
他自治体との差別化もできています。

この合格者の最終面接では
区部から多摩地域までの状況も詳しく聞かれ
私が勧めている「まち歩き」を活かし
臨場感のある話ができました。
と喜んでいました。
もちろん
現在は東京都職員として活躍してもらっています。

皆さんも
オリジナルな「志望理由」になるように
再チェックしてください。


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア