2015-07-24(Fri)

特別区面接カードの注意点



特別区人事委員会面接試験で使われる面接カードが明らかになりました。
サイズはA4版で
記載項目
【あなたの強みは何ですか。また、それをいかして特別区でどの様な仕事に挑戦したいか、志望動機も含めて具体的に書いてください。】
【今までに、あなたが最も困難だと感じた出来事はどんなことですか。また、どう乗り越えましたか。】
【チームやグループで活動した経験において、あなたの役割と、独自のアイディア等によってどの様に貢献したかを具体的に教えてください。】

この3項目についてそれぞれ5行の記載欄があります。

質問内容自体は
従来の面接カードと似通っています。
それぞれの質問項目がボリュームあるのに対して
記載欄が少ないのが私の第一印象でした。

例えば
最初の質問項目
従来の「自己PR」と「志望動機」、「今までに得た知識を今後どのように活かしたいか」
の質問を1つにまとめた内容です。
2つ目の質問
従来の「最も力を入れて取り組んだこと」と「プレッシャーを感じたこと」
の質問をまとめ
切り口を「困難をどの様に乗り越えてきたのか」に変えてあります。
最後の質問
従来の「チームで協力して成し遂げたこと」
に加え「独自のアイデァ」「具体的」に要求されています。
感覚的に
従来使ってきた面接カード2枚を1枚にまとめたと言えます。


皆さんに求められていることは
それぞれアピールする内容
如何にコンパクトにまとめ
面接官に読んでもらう工夫

更に重要になっていると思います。

この面接カードで分かった
最大の面接変更点
最初の質問
「自己PR」「どのような仕事をしたいのか」「志望動機」
について
3分間のプレゼンテーションをすることです。
従って
1回の面接で
プレゼンテーションをした後に
個別面接に入る
という
非常にタフな面接になります。

周到な事前準備がなければ
乗り越えることが難しいでしょう!


必勝倶楽部で提供している
面接対策田村ゼミ「特別区」(詳細はこちら→)では
もちろん
プレゼンテーション対策から
個別面接対策まで
漏れのない指導をします!
本日が申込期限ですから
特別区合格を目指す方は
ご検討ください!


*****************************************************
★元副市長の田村講師があなたを指導します★
元多摩市副市長 最終面接官 田村一夫の本番で大差をつける面接対策の極意
 http://hissho-club.com/movies/honban-mensetsu/

★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/#tsukaeru-mensetsu

*****************************************************


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア