2016-01-09(Sat)

オンとオフの切り替え②


前回のブログで「オンとオフ」の切り替えが
重要だと書きました。
公務員になってからも
この切り替えができる人ほど
仕事に精力的に取り組み
信頼されますから
今のうちから身に着けておいてください。

また、そのことを
面接でアピールすることができれば
面接官もあなたに興味を持ちます。

では「オフ」の時間の過ごし方を具体的に書いてみます。
これは人それぞれ違いがあると思いますが
例えば
自分の趣味に関連したことに時間を割く
あるいは
身体を動かし
日頃の運動不足を解消する
などがあると思います。
面接本番でも
趣味のことを訊かれますが
「単に○○が趣味です」
と答えるだけではなく
「それをすることによって気分転換ができ、受験でも役立ちました」
と答えられます!

また
電車の移動時間やチョット手が空いた時間に
組織ものの小説や公務員関連の小説を読んでみる。
面接では愛読書を訊かれることは少ないのですが
それでも
時々訊かれており
直ぐに答えられなくて困る人もいますから
時間の使い方としても有効です。

それらとは別に
半日単位とチョットまとまった時間が必要になりますが
外の空気を吸いながら
受験先の「まち歩き」をするのも
自宅で悶々としながら問題集と睨めっこしているよりは効果的な
時間の過ごし方です。

ゲームをすることも気分転換になるとは思いますが
同じ気分転換方法でも
面接官が興味を持つことをやってみてください。
面接対策にもなりますし
モチベーションの維持に役立ちます。

*****************************************************
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/
*****************************************************


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア