2016-03-17(Thu)

今からやるべき面接対策⑩



人には自分で気付かないが色々あります。
ことわざでも「無くて七癖、有って四十八癖」と言われています。
この「癖」にも面接では注意してもらいたいのです。
本番面接で遭遇する印象の悪い癖をいくつか紹介します。

①目線に関するもの
左上を見る時は「過去の経験を思い出している」
右上を見る時は「イメージを創り出そうとしている」
と言われています。
面接官からすると右上を見る人は
「実体験を伴わない作り話」を考えているような印象
を持ちます。
目線がきょろきょろする人は
動揺していると思われるので、落ち着かせるように質問内容も変えたりします。
最悪なのは目線をそらす人で
この人は「嘘」をついていると思ってしまいます。

②手の動き
髪を頻繁に触る人
自分を落ち着かせようとする行為と言われていますが
面接官には却って「落ち着きのない人」と印象を持たれてしまいます。
鼻を触る人
本心を読まれたくない意識の表れと言われています。
面接官は本音を出さずに「嘘」をつこうとしていると思ってしまいます。
手のひらを開いて話す人は
隠し事をしていないと言われています。

逆に拳を固く握っている人には
用心深い人で本音を隠そうとしている
というような印象を持ちます。
腕を組んでいる人は
相手を拒否する時と言われています。
面接官が腕を組んで聞いている時には
あなたの「本音トーク」が通じていないと考えてください。
③その他
意外と多いのが「貧乏ゆすり」です。
これは、自分を実質以上に良く見せようとする意識や見えを張る意識が態度に出ていると言われています。
面接官は落ち着かない人だと考えます。
頻繁に時計を気にする人もいます。
面接官は「早く終わらせて、この場から逃げ出したい」と
考えていることが自然に出てしまっていると思います。

面接時でもこのような癖が見受けられます。
そこで面接官が悪い印象を持たないように
今の段階から
自分の気付かない「癖」を友人にチェックしてもらい
面接本番までには少しでも抑えられるように心掛けてください。

今なら、まだ間に合います!

今からやるべき面接対策も今回で一区切り!
今まで直前期では修正できない対策をまとめてきました
時間を見つけて読み直してください。

*****************************************************
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/
*****************************************************


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア