2016-03-23(Wed)

極度に緊張する人は面接で失敗する



今回からは面接試験で失敗しがちな人
面接対策をしっかりしなければならない人をシリーズでお届けします。
最初は
「極度に緊張してしまう人」です。
面接は誰でも緊張するものですが
面接で必要以上に緊張してしまうと、
あなたの良さを面接官にわかってもらえません。

それでは面接が非常に高いハードルになってしまいます。
緊張気味な人には
面接官としてはできるだけリラックスさせるように工夫しますが

それも受け入れられないくらいに緊張してしまい
例えば
緊張しているためか質問と答えが噛み合わない人
同じ内容について言葉を変えて質問しても
的外れな答えを繰り返してしまう人もいます。

面接官から見ると質問の意図が理解できないのかと考えてしまい
それでは
「実際に職場に配属してもこの調子じゃ困るな」と
不合格の評価になってしまいます。

一方、緊張はしているものの
面接官の質問についてわからないことは聞き直すなどしながら
一生懸命に答えようとしている人
には
「頑張って答えているな」という印象を持つことができます。

緊張を和らげる対策として様々なことがあると思います。
食事や飲み物
自分でできる「ツボ」押し
など
様々な対策があると思いますが
私は
緊張することを前提に事前の準備をすることが一番だと思います。
面接では適度な緊張≒集中が必要です。
緊張でガチガチになって表情も硬く、
手に汗をかき、足も震えてしまう様では考える余裕もなくなり、
面接官の質問にも上手く答えることができなくなります。
今から
緊張する場面を想定しながら対策を進め
適度な緊張感・集中力を保ち面接に臨めるように訓練してください!


*****************************************************
★受講生からのレビュー だから私はこの講座を取りました★
 http://hissho-club.com/review/
*****************************************************


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア