2016-04-09(Sat)

表情に乏しい人は面接で失敗する

今回は「表情に乏しい人」です。
面接で表情は大切です。
話しの内容よりも表情や態度が重要なことは
「メラビアンの法則」でも言われています。


面接ですから話の内容も重要ですが
面接官が合否判定をする時に
表情の要素も大きく作用します。

例えば
うつむきがちで無表情な人には
元気さや覇気といったものが感じられなく
面接官は
「対人関係を上手く作れないのでは?」
「社会性がないのでは?」
等と考えてしまう危険性があります。


緊張して余裕がないのかもしれませんが
話す内容がどんなに良くても
表情に乏しく人は
鉄仮面を被っている人の話を聞いているようで
面接官には伝わりません。


反対に
面接官にしっかりと顔を向けて
笑顔や困った顔も交え表情豊かに
質問に答えられる人には
明るさや漲る自信
前向きさ等を
自然と感じさせます。


今から
顔の表情筋を動かす訓練をして
本番面接に備えましょう!


*****************************************************
☆Amazonランキング2年連続1位獲得の超人気講座☆
『スーパー面接力養成講座2016』いよいよ販売開始  
5月8日(日)20:00〜【販売開始4時間限定価格】  
http://hissho-club.com/mensetsu-yousei2016/
*****************************************************

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア