2016-05-15(Sun)

要領よく話すために必要なこと

面接官は限られた時間であなたを評価しなくてはなりません。
そこで一番嫌われるのが
要領得ない話をダラダラとされること
です。
いくら話しの内容が良くても
面接官はあなたのダラダラトークを2分も3分も聞いてくれません!
もっと他にも聞きたいことが山ほどあるのです
ですから、あなたが話をしている途中で
「もっと簡潔に答えてくれませんか」と言われてしまいます。

面接官の質問には1分以内で答えるようにしてください。

もう一つ重要なことは
結論から先に話すことです。
例えば
「自己PRをしてください」と言われた時に
➡「私は大学のサークルで・・・
また、アルバイトでは・・・
それらの経験で私には
○○の強みがあると思います。それが私のアピールポイントです。」
と答えたのでは
面接官はダラダラと答えている印象で
最後の最後まで聞いていないと
あなたが何を強みとして考えアピールしているのか理解できません。


そうではなく
⇒「私の強みは○○です。
それは大学のサークル活動で身に着けることができ
アルバイトでも発揮し
周りの人達も信頼してくれています。
その力を公務員としても・・・」
結論から先に言った方が
面接官には理解しやすい
のです。

つまり
あなたは考えたストーリーを最初から全部話さないと
面接官にわかってもらえないと思うので
最後に結論を言おうとする
のですが
全く逆です
あなたが職員となって上司に報告する時には
結論を先に言って
それからその経過を説明しなければなりません。
面接も同様で
先に結論を言ってください
あなたのストーリーを全部話さなくても
面接官が興味を持った時には
「もう少し具体的に話を聞かせて」
「そのエピソードを聞かせて」
と聞き直します。

その上で面接官は
この人なら採用しても要領よく人と話をすることができる
と考え、評価が高くなります。





【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村
*****************************************************
最短5日間で面接対策を完成させる!添削&質問=回数無制限
『スーパー面接力養成講座2016』販売開始しました!
http://hissho-club.com/mensetsu-yousei2016/
*****************************************************

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア