2013-04-25(Thu)

面接対策その⑮「複数の面接官がいる意味」

公務員試験の面接はマンツーマンで実施することはありません。
国家公務員の官庁訪問は例外です。

一般的には2人ないし3人で実施するところが多いと思います。
場所によっては10人近い面接官がいるところもあるようです。

複数の面接官がいる理由は、ベテランとはいえ、人間ですから好きなタイプや嫌いなタイプがあることは避けられません。

面接官が1人だと、場合によってはこの好き嫌いが評価に影響してしまう可能性もあります。
とても大切な人財発掘の場でもある面接試験で
面接官個人が持つ特定の傾向が出てしまっては困るので、
複数の面接官にしっかりと評価してもらわなければならないのです。

もう一つの理由は
例えばA面接官への答えを聞いていて、B面接官が「ちょっと変だな?」なんて思うこともあります。
A面接官が繰り返し聞き直す場合が多いのですが、場合によってはそのままスルーして次の質問に移ります。

ここで受験者は「ほっ」とすると思うのですが、まだまだ続きが・・・

面接官は面接時間全体でどのような些細な事柄も見逃さないように注意しています。

一度スルーした質問をB面接官が「さっきの質問に戻るんだけどね」と、
時間差攻撃で質問を繰り返すことがあります。

これは、本音を聞きだす面接官側のテクニックでもあるのです。
面接官同士は阿吽の呼吸でお互いに役割分担をしていると思ってください。

このような質問で「さっきの答えとちょっと違う内容だよね。
どっちが本心なの?」
を聞かれたら、
相当厳しく感じてしまいますよね。

もう一つ
面接を終わって、次の受験者が入ってくるちょっとした休憩時間に
「今後はBさん突っ込み役やって」なんて話しながら、質問のパターンを変えたりします。

面接官側からも面接って大変なんです!

今日のブログはかなりの裏話になってしまいました。現役面接官の皆さんごめんなさい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア