2017-03-12(Sun)

答えにくい質問を考える。(公務員と民間の違い その②)

利益追求の次に多いのが
「民間は特定の人へのサービス
 公務員は公平なサービス」
です。

確かに民間サービスは
契約によって成立するので
特定の人へのサービスと言うことになります。

一方、行政サービスは基本的に
行政区域に居住する人を対象に
相手の合意を前提としない一方的なものになります。


でも、考えてみましょう。
市民にとって
民間サービスは受けるか否かの選択ができますが
行政サービスは選択できません。


そのサービスは独占的です
民間であれば複数の事業者がサービス内容を競い合って提供しますが
行政の場合はどうでしょう?
そのサービスがどうしても気に入らなければ
多の行政区域に転居するしかありません。


この違いをどのように説明しますか?
あなたの考えが試されます。


また
「民間サービスは対価を必要とするが
 行政サービスは対価を必要とせず公平に提供される。」

このような答えもよく返ってきます。
確かに
民間サービスを受けるには対価が必要です。
行政の場合はどうでしょう?

サービスの対価ではありませんが
サービス提供の原資の半分は税金として強制的に徴収しています
この違いを説明できますか?


お金を払っても
自分の納得できるサービスを受けたいとする市民も多いのです。


行政サービスが無償で提供されるという点も考えてみてください。
最近は行政サービスが
「応能負担」…それぞれの能力に応じて負担する
考え方から
「応益負担」…受けた利益に応じて負担する
考え方も多くの分野で取り入れられています。


面接官を納得させるような答えを見つけてください。



===============================
『経済事情オリジナル完全予想問題集2017』
昨年度の本試験で的中続出!
さらにパワーアップして新登場!
http://hissho-club.com/keizai-jijyo2017

『時事オリジナル完全予想問題集2017』
3/31(金)販売開始!
===============================


【LINE@必勝倶楽部】
・知ってトクする試験情報
・得点アップに直結する新講座の発売予定
・キャンペーン&LINE限定サポート情報
などをいち早くご紹介していきます。
ご登録はこちらからどうぞ!
友だち追加数



Amazon公務員部門第1位獲得講座
最終面接試験官が添削する
絶対合格ワークシート講座




==============================
Amazon公務員試験書籍ランキング第1位
★独学者絶賛の超人気講座を特別受講料で★

==============================



【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア