2013-01-30(Wed)

面接試験その①「面接試験を甘く見るな!」

今回から、いよいよ面接試験対策について触れたいと思います。長丁場ですがお付き合いください。

公務員受験の皆さんは筆記試験対策に重点を置いていると思います。確かに、筆記試験の範囲は広いし、筆記試験をパスしないことには面接には進めないのだから、先ずは、筆記試験対策に集中!だと思います。

だけど、ちょっと冷静に考えてください。筆記試験の配点と面接試験の配点を再確認してみましょう!

国家一般職の場合は筆記試験重視で面接は2/9の配点です。でも、これは人事院試験の面接配点ですよね。国家公務員になるには人事院試験に合格し、かつ、官庁訪問で内定をもらえなければなりません。この官庁訪問はまさに面接・面接・面接・・・の連続です。

地方上級試験で配点を公表している団体はどうでしょうか?面接重視の傾向がハッキリしていますよ!

東京都や特別区では配点こそ公表していませんが、せっかく1年間必死になって筆記試験対策をして筆記試験を突破しても、残念ながら約半数は面接で落ちてしまいます。今までの1年間の努力が水の泡です!

なぜ、面接倍率の低い東京都や特別区の面接を突破できないのか?

簡単です、面接を甘く見ているからです!

面接官も優秀な職員を採用したい・・・この「優秀」とは、単に頭が良くて知識量が多いということではありません。

人間的に「優れているか」ということです。つまり、知識だけでなく受験生の「人間力」を見極め、「仕事で使える人」「自分の部下にして使ったみたい人」を採用したいのです。

それでなければ、多大の労力を必要とする面接試験など実施しません!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア