2013-05-25(Sat)

まち歩きその③

以前話をした合格者の人が、
「受験申し込みはできるだけ自治体に行くように心がけていた。行ったついでに、受験先の様子を見てきた。」と言っていました。
今はWEB上での手続きが主流になっていますが、直接行ける場合は行った方が参考になりますね。

そのついでに、色々と見てくる!

実はまち歩きは今まで話をした、商店街や公園を回るだけではありません。

自治体の様々なイベントに参加してみる。
自治体の施設見学会等があれば出かけてみる。
市民グループのイベントも覗いてみる。
参加者がお年寄りばっかりなのか、若い人も多くいるのか?活発な意見交換が行われているか?
そしてそこに参加している人に話を聞いてみる。
など等、地域活力の一面を垣間見ることができます。


また、意外と盲点だと思うのは「議会の傍聴」です。
東京都であれば一般傍聴券が本会議開催の1時間前から配布されるので、それを入手すれば180人程度だったと思いますが、自由に傍聴できます。
今年は、都議会選挙がありますので、本会議は4日間開催で、実質的には1日のみ?
それ以外のところはもっと長期間開催されますので行ってみてはいかがでしょうか
議員の質疑はその時々の問題点を取り上げるケースもあります。
今受験先でどのようなことが問題として議会で取り上げられているのか?
それに対して行政側がどのようなスタンスでいるのか?

議事録でもわかることでもありますが
何と言っても臨場感が違います!
実際に合格し、入庁したら場合によっては議会対策もしなければならないケースもありますので決して無駄にはなりません!

=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
講座のご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!
当講座ガイダンスビデオ第2弾も是非!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア