2013-05-27(Mon)

正しい日本語

最近気になっていること。
それは皆さんが書く文章の「こんにちわ」「こんばんわ」です。
えっ
「こんにちは」「こんばんは」じゃないの?
何でこんなことが気になるかというと、
面接では正しい日本語を使ってもらいたいと思うからです。
「こんにちは」も「こんにちは」も話し言葉では同じに聞こえてしまうので
「わ」でも「は」でも良いように思ってしまいがちですが、
これが文章になると「この人の日本語の使い方は変だ」と思われてしまいます。

正しくは「こんにちは」「こんばんは」です。
詳しくは昭和61年内閣告示の「現代仮名遣い」を確認してください。

若い人達にもっと多く見られるのが「ら抜き言葉」ではないでしょうか。
これも面接官にとっては違和感があります!
「来れる」「出れる」ではなく
「来られる」「出られる」と正しく使ってもらいたいものです。
こちらは話し言葉でもわかるので面接のときは注意が必要です。

また、間違いやすい言葉にも注意してください。

「他人事」は「たにんごと」ではなく「ひとごと」ですし、
「早急」は「そうきゅう」ではなく「さっきゅう」です。
「一段落」は「ひとだんらく」ではなく「いちだんらく」
「農作物」は「のうさくもつ」ではなく「のうさくぶつ」
紛らわしいのですが「作物」は「さくぶつ」ではなく「さくもつ」です。

そろそろ面接本番になります。
正しい日本語を意識しましょう!

もちろん敬語や差別用語にも注意してください。
くれぐれも面接で「友人も私のことを積極的だとおっしゃってくれています」なんてことを呟かないようにね!

=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
講座のご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!
当講座ガイダンスビデオ第2弾も是非!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア