2013-05-31(Fri)

特別区の面接カード対策

前回のブログで書き忘れました。
些細なことなのですが、面接官が読み易い面接カードを書く時のヒント!
それは7㎜方眼の下書きを作り、その上に面接カードを載せて書きましょう、
方眼の線を濃く書けば浮かび上がってきますので、
白紙の欄であっても縦横がずれたり、斜めになったりしないので読み易くなります!

それでは内容面に入りましょう。
1回目の面接カードは原本とコピー2部を持参します。
原本は保管されますので、コピーが面接官の手元に届けられます。
ですから、面接官は2名だということと、
面接官は皆さんが受付をしている時間はまだ面接カードも見ていないということです。
くどいようですが、面接官にとって読み易い面接カードの必要性がここにあります。

1回目の面接カードに書く項目は2つだけです。
面接はそれを中心に進められますので書いた項目についてしっかりと答えられるようにしてください。

1つ目の項目「力を入れて取り組んだこと」ここは敢えて複数回答可と注意書きされていますよね。
1番アピールしたいことを詳細に書きたい気持ちもわかりますが、
ここはこちらも敢えて2つに分散して書きましょう!
何故なら、1つの項目で詳細に書いてしまっては、面接官はさらに細かなことを聞かざる得なくなります。そうすると・・・
つまり、100%のことを書いてしまうと150%あるいは200%のことを答える羽目になってしまいます。これを乗り越えられる人は少数でしょう!
2つのケースで比重を変えて書けば、書いても80%のことになります。そうすれば面接官の質問も上手くいけば100%、もっと膨らんだとしても120%のことを答えられれば十分になります。

是非そのように分散してください!

自分はそうでなく1つのケースで自分の人間性を理解してもらいたいから1つのケースで勝負したい、
その人はそれでもいいですが、どのような質問が飛んでくるかわかりませんので、想定質問を十分に練ってくださいね!

2つ目の項目「プレッシャー」についてです
ここでは多くの人が「・・・大変でした」で終わってしまいます。
面接官はそのプレッシャーから何を学んだのかを聞いているわけですから、
それを再質問で答えればよいと思うのではダメです。

エピソード共にそこで学んだこと、その経験がどのように活かされているのかを一言で良いですから書き加えてください!
その一言が有効です。
最後に、従来は1回目の面接では志望理由などは聞かれなかったのですが、
昨年2012年の面接では1回目から志望理由のついても聞かれたグループもいるようですから、
その対策もしておきましょう!


=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
講座のご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!
当講座ガイダンスビデオ第2弾も是非!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

はじめまして。西と申します。
一つ質問したくてコメントさせていただきます。
1つ目の項目「力を入れて取り組んだこと」を一分で簡単に話してください。
と、面接官から言われると聞いたのですが、出来事を二つ書いた場合、どのように話せば良いのでしょうか。二つの出来事のうち一つを話すのか、多少早口になっても二つ話せば良いのか教えていただけたら幸いです。

No title

西さんへ
受験先によってですが…特別区1回目の面接カードを想定してみます
その質問項目については「1分で話してください」と言われるケースはあまり聞いていませんが
聞かれたとしたら早口ではなく×です
面接カードにも書きましたが○○と■■です。
○○では・・・
■■では・・・
と簡潔に第一答弁をしましょう!「
最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア