2013-06-01(Sat)

面接の自主練習

必勝倶楽部のメンバーで自主的に面接対策をやってみようという仲間が出てきました。
嬉しいことです。
面接は自分を掘り下げて、自分自身と真剣に向き合うことと、それを外に出して表現してみることが必要です。
そのために自主練習は非常に効果があります。

例えば、自己PRを1分間で話してみる。
この1分間は非常に短く感じるはずです。「もっと言いたいことがあるのに・・・」
でも他人の自己PRを1分間聞いてみると、この1分間は非常に長く感じます。
「もっと要点だけ話せば良いのに・・・」
これだけでも、端的に要領よく話すことの必要性がわかります。
また、他人の話しぶりを見ていると色々な欠点が目につきます、それと同じようなことを自分でもしているとわかります。
仲間同士の自主練習なんて意味がない?
とんでもありません!絶対に得るものは多いです。
今回のブログでは自主練習の方法について触れますので、
皆さんも仲間を募って始めましょう!
今回は個別面接をイメージしての自主練習です。
仲間を呼びかけて3人から5人くらいのグループを作ってください。
もっと多く集まったら、集まった仲間を5人くらいにグルーピングしてください。
〈役割〉
面接官役2人、受験者役1人、観客役2人の計5人でグループ構成です。
そこまで集まらない場合は各1人の3人でやってみましょう。
面接官の視点でどのように映るのか、第三者的な目でどのように映るのか?
これらは皆さんが絶対に体験できないことですし、公務員受験予備校の模擬面接でもできない体験です。
〈実際のやり方〉
1回あたりの時間は10分程度で十分です。もっと早くても大丈夫。
入室から質問を受けて退室までの流れを実演してください。
ドアを2回ノック、
面接官役は「どうぞお入りください」
ドアを閉めてから面接官に振り向き「失礼します」と言ってから礼をする。
椅子のところまで来て「受験番号と氏名」を名乗り、「よろしくお願いします」と言って、礼をする。
面接官役は「どうぞ着席してください」
言われてから椅子に着席する。面接官役の質問を受ける。
質問が終わって面接官役に「以上で面接は終わります」と言われたら。
席を立って「ありがとうございます」と言って礼をする。
ドアのところまで行って、面接官に振り向き、「失礼します」と言って礼をし、退室する。
これを5人で繰り返して練習してみましょう。
入退室のマナーや態度などについては「田村一夫の本当に使える面接対策」テキストをご覧ください。
また、必勝倶楽部の面接対策解説動画講義でも確認できます。

〈質問項目と流れ〉
最初はリラックス質問から初めて順次「自己PR」「志望理由」「今まで取り組んできたこと」などの質問をしてあげてください。
質問項目もテキストでは160項目以上を掲載していますので参考にしてください。
この時は受験先の面接シートを必ずメンバー分用意してみんなで見ながら進めてください。
〈意見〉
1人の面接が終わったら、10分程度でどうだったかをみんなで意見を出し合いましょう。
最初は観客役の2人から良かったところ、注意したほうが良いと思ったところ等を言ってあげてください。その後に面接官役の人も気付いたことを言ってあげてください。
この時に遠慮してはダメです。自分自身で出来るかどうかは別にして気が付いたことを積極的に言ってください。
これがポイントです。

場所は公共施設の会議室などが確保できれば料金も安いと思いますし、なければカラオケボックスでもできます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア