2013-06-08(Sat)

東京都ⅠB新方式試験のプレゼンテーション対策

東京都ⅠB試験(新方式)で採用されたプレゼンテーションテーション面接について、今年が初めての試験なので詳細内容がわからない状況での一般論ですが参考にしてください。

従来東京都以外の自治体でもプレゼンテーションテーション試験が実施されてきましたが、その多くは、
5分~10分程度でシートに基づきプレゼンテーションし、
その後、その内容について複数(3~5人程度)の面接官から質問(10分程度)する形式でした。

シートは面接当日に30分程度で書かせる場合と、自宅で書いて面接当日に持参するパターンとがありました。
プレゼンテーションテーションに際してシートだけでなくホワイトボードを使える自治体もあります。
なお、今までプレゼンテーションテーション面接を実施してきた山梨県では2013年試験では廃止しました。
また、その後に個別面接があるようなので受験者の皆さんにとってはハードな1日になると思います。

実は東京都がプレゼンテーション面接を採用するのは初めてではありません。経験者採用枠ですでに実施されています。
その概要は、
「あなたが東京都職員になったら、これまでに培った専門性や経験を活かして、都政にどのような貢献ができると考えていますか。あなたが民間企業等で培った職務経験や実績を売り込むつもりで提案してください。」といった内容で。
事前提出資料は
プレゼンテーションテーション・シート:A3版1枚(カラープリント)と
プレゼンテーションテーション・シート概要説明文:A4版1枚でした。

実際のプレゼンテーション時間は7分間です。
経験者採用の2次試験では、プレゼンテーション試験の前に、適性試験があり、少し疲れた状態でプレゼンテーション試験がスタートです。
プレゼンテーション試験は30分程度で、
始めの15分でプレゼンテーションとその内容について質疑応答があったようです。
その後、残りの15分で一般的な個別面接が行われています。


プレゼンテーションテーションでは
コミュニケーション能力、協調性、積極性・向上心、責任感、問題解決能力、行動力
といった一般的な評価項目に加えて、
面接官を目の前にして自分の意見を論理的に説明するという実践力が必要になると考えてください。
従って、あなた自身が東京都職員として関係自治体への説明をしている。
あるいは、都民に対して事業説明をしていることをイメージしてください。


=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
また、都庁I類B対策ゼミ(6/16開講)も受付中です。
講座・ゼミのご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア