2013-02-05(Tue)

面接対策その②「スキマ面接対策の勧め」

これだけ重要な面接対策、皆さんは2月の時点でどれだけ意識していますか?

多くの受験生が面接対策を筆記試験終了後、もっと遅い人は合格通知が来てから慌てて始める???
これでは面接官の心を打つ面接は出来ません!だから「テクニック頼り」の面接になってしまうわけです。
本当にもったいない。1年間近くやってきた筆記試験対策も水の泡です。
じゃ、どうするのか?

田村のお薦めは「スキマ面接対策」です!

いってみれば、簡単なこと。
筆記試験対策に疲れたちょっとしたスキマの時間をどのように活用するかです!

「今日は数的がぜんぜん進まない」なんていう日もあるでしょう。
そんなときに、無駄に数的に時間をかけるのではなく、思い切って気分転換で面接対策をやってみましょう!
やることはいっぱいあります

①自己PR
②志望理由
③やってみたい仕事
④いままで取り組んだことで達成感を得たこと
⑤その他もろもろ

これらの項目は面接時に聞かれる事柄です。
これを、面接ノートを1冊作って、箇条書きでもいいですから、気がついたときに書きとめてください!

もう一つ大切なこと!
もちろん受験先の説明会には行くでしょ!その時に「まち歩き」をして見ませんか?そこで気づいたことは何ですか?
まちを歩いて気づいたことを面接ノートに書き留めてください!

こういったことの積み重ねによって、面接カードにも面接本番にも「臨場感」を醸し出すことができ、
他の受験生との差別化が図れることになります。

さぁ、思い立った今日から「スキマ面接対策」のスタートです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア