2013-06-13(Thu)

イメージ戦略その③声の大切さ

面接では「声」が大切です。

声の大きさやトーンからあなたが積極的で明るいタイプなのかも面接官にはわかります。

いくら自己PRで「私は積極的で周りを明るくさせる人間です」ってアピールしても。
小さな声でぼそぼそと話していたのでは全く信用されません。
低い声でゆっくり話すのが「落ち着いて感じられるから良い」と思っている方、それはダメです。
面接官は皆さんに40過ぎのおっさん(失礼しました)?の落ち着きを求めているわけではありません!
皆さんに求めているのは20代の若々しさです。
いつも話しているときよりも少し高いトーンで話すことを心がけてください。
普段のトーンが高い人はそのままでも良いかもしれません。
あまり、トーンを上げ過ぎてキンキン声に聞こえるのもよくないでしょう!

トーンと共に大切なことは「大きさ」です。
面接官の質問に小さな声でしかも声が震えていたのでは、折角の答えも良い印象を残せなくなってしまいます。
特に東京都や特別区、横浜市などの面接会場は賑やかなので注意してくださいね!
大きな声を出せない人の共通点は「口を開けずに話す」タイプのように感じています。
今からでも遅くありません、大きな声ではっきりと話すように訓練してください。
特に人見知りがちな人や大人しい人は要注意です!

声で感じることができるのは「はっきりとしているな」「よく通るな」「明るいな」「自信があるな」など様々ではないでしょうか?
これって話の内容よりも面接官の印象には残っているものです!
話の内容は頭で分析判断することになりますが、溌剌とした美しい声は感覚的に「良いなぁ」と思わせることができます
声は生まれつきだからしょうがないなんて諦めないでください。
訓練次第で声も変わってきます。
必勝倶楽部の面接対策動画講義の12.13回ではアナウンサーの野中さんがばっちり指導していますので必ず見て自分自身で練習してください!

=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
講座のご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

田村一夫の絶対合格ワークシート講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア