2013-06-19(Wed)

集団討論の注意点

受験生の皆さんと話していると集団討論をディベートと同じように相手を論破すること、
あるいは、何しろ集団討論メンバーの中で自分だけが目立てば良いと勘違いしている人がいます。
これは間違いです!
面接官側は集団討論で何をイメージしているかわかりますか?
それは官公庁に入った時に会議の進め方です!
つまり、与えられたテーマについて結論を全員で出す様子を観察しているのです。
ですから、冒頭で書いた勘違い受験者は間違いなく評価が下がります。
では、何が必要か
与えられたテーマについてのメリットとデメリットを洗い出し、それをどのようにしたらよいのかを議論する。
議論だけではダメで、それを必ずまとめる、結論を出すことが必要になります。
先ず、グループの結論を出すことを意識してください。
実際にグループの結論が出なかった時に全員が集団討論で不合格になったケースもあります。
皆さんが、集団討論する時に最初に考えてもらいたいことは、
メンバーが仲間であること、そして、全員で集団討論を突破しようとすることです。
与えられるテーマは殆どの場合どのような結論になっても良いようなものが多いのです。○か×かの二者択一のテーマではありません。
「スーパークールビズの導入について」「喫煙防止について」「子どもに携帯電話を持たせることの是非について」などのテーマではどのような結論でも良いのです。
喫煙防止については意見が分かれるかもしれませんが、愛煙家のためにたばこ税の一部を使って喫煙場所を整備する、という結論でも不合格になることはないと思います。
あるいは「脱原発」についてもテーマとして出題されましたが、面接官側も原発即刻廃止、徐々に依存度を減らす、原発の安全性を再確認して継続するなど意見が分かれてしまうと思います。
ですから結論を出すことと、そこに至る過程を評価されているのだと考えて対応してください!

=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
講座のご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア