2013-06-22(Sat)

面接官のさりげない質問シリーズ②

これも面接試験導入時に聞かれる質問です。
「土日とかお休みの日は何をしていますか。」

「普段遅く寝るので、ゆっくり寝坊しています。」
「疲れるのでのんびりしながら、好きな音楽を聞いたり、DVDを観ています」
さぁ皆さんが面接官だったらどのように思いますか?
私がこの質問をする人は
「顔が青白かったり」「体力がなさそうだったり」「内向的な」印象を持った受験生にしていました。
また、社会人経験のある人にも度々質問していました。
ですからその答えも上記のようなものだと
う~ん、身体を動かすことは嫌いなのかな?
体力は大丈夫だろうか?
急に休まれると困るしな?

というような評価になる危険性もありますので注意してください。
と言ってもスポーツジムで身体を鍛えていなければならないというわけではありません!
散歩でもジョギングでも良いですし
身体を動かすことが苦になっていないこと
をイメージできるような答えを考えておいてください。
ちなみに、私は大先輩から「趣味は部屋でやることと、外でやることと、人があまりやっていないことをやれ!」と言われたことがありました。
残念ながら人があまりやっていないことはできていませんが?

出かける時や買い物に行く時には歩きや自転車を使っていることや
身体を普段から動かしていることは
気分転換もできることをアピールすることにもつながります!

=======================
私の面接講座が発売されました!
前多摩市副市長 田村一夫の 『本当に使える面接対策』
田村ゼミ(特別区対策)の参加者も募集中!
講座・ゼミのご購入・詳細は、必勝倶楽部公式HP
http://hissho-club.com/
を御覧ください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
必勝倶楽部公式facebookページ
月別アーカイブ
田村一夫プロフィール

tamuchan

Author:tamuchan
プロフィール:田村一夫

必勝倶楽部
で公務員試験向け面接指導全般を担当。

2016年度の都庁ゼミでは、合格率100%を達成。

現在、

面接合格パーフェクト講座


を通じて全国の公務員試験受験生を指導中。

東京都多摩市で37年間地方自治事務に従事、その大半を管理職として人事・企画・財政・秘書広報等の管理部門を担当。55歳からは助役そして副市長として行政事務を統括。

人事担当の管理職として、また副市長として採用試験を総括し職員採用の最終判断をしてきた実績を活かし、某大手公務員試験予備校で面接対策を監修。

数ある公務員試験予備校で面接を担当している講師は多いが、現場を知らない「だろう」面接対策に終わっている。

私は「だろう」面接対策ではなく、実際の職員採用面接を実施してきた「こうだ」面接対策を指導している。

【夢】
「本当に使える公務員を現場に送り出すこと」

【趣味】
 ドライブ、写真、日帰り温泉、JAZZ、ゴルフ

【悪い癖】
 酒を飲むと酔うこと

ブログランキング
田村一夫オススメサイト
Google Adsense
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
フリーエリア